Kzyboostが新曲"Crush"をリリース

トークボクサー/ビートメイカーとして多くのアーティストとの共作を行なってきたKzyboostが新曲"Crush"をリリースした。

今作は2020 年にリリースした"Rainy girl"に続くトークボックスオリジナルソングで、重厚感のあるトラックとスムース且つメロディアスなキーボードによる演出、英語と日本語を交えたリリックにトークボックスの独特な音色とフローが絡み合うことで甘酸っぱくも儚い恋模様を描いた一曲となっている。

Info

アーティスト:Kzyboost

タイトル:Crush

配信リンク: https://linkco.re/DPs3hqEe

related

KzyboostとZINがコラボシングル"Infatuation"をリリース

トークボクサー/ビートメイカーとしてDaichi Yamamotoとの共演、ライブサポートやgrooveman Spot、JJJ、Kojoeなどとの共演で知られるKzyboostが、ZINとのコラボシングル"Infatuation"をリリースしている。

Shurkn Papの新作から久保田利伸の"LA・LA・LA LOVE SONG"をサンプリングした"24 Blend (feat. Kzyboost)"のリリックビデオが公開

Shurkn Papのメジャーデビュー作『NEW ERA』から、久保田利伸の"LA・LA・LA LOVE SONG"をサンプリングした"24 Blend (feat. Kzyboost)"のリリックビデオが公開となった。

grooveman Spotがニューアルバム『Luv 4 Me』をリリース | Daichi Yamamoto、Kzyboostが参加した先行シングル”Til’ Of Summer”をリリース

最近ではDaichi Yamamotoなどのプロデュースをはじめリミックスワークも精力的に行っているgrooveman Spotが、7枚目のアルバム『Luv 4 Me』をを8月にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。