BIMがTOYOTAのプロジェクトHIACE SOUND STUDIOに登場 | コラボ曲"What more can I say"を来週リリース

BIMがTOYOTAとSTARBASEによる企画『HIACE SOUND STUDIO』に登場、コラボ曲"What more can I say"が来週リリースされる。

BIMがトヨタセプターワゴンに乗っていることから実現した今回のコラボレーション。BIM自らがトラックメイクを行い、映像内においてもDYTDのアイコンカーとなっているカスタムされたハイエース内で楽曲の制作を行ったり、披露するシーンも後日公開される映像ではみれるという。

また、今回のコラボレーションを記念しコラボTシャツの販売も行われる予定で、こちらも注目が集まる。

ボンちゃん(Yogee New Waves)と日頃からBIM STUで一緒にビート作っているのですが、今回ハイエースの中で制作する企画は実験的で楽しかったです。今も乗り続けてるマイカーのセプター君にも感謝です。(BIM)

Info

アーティスト:BIM
タイトル:What more can I say
作詞:BIM
作曲:BIM, 竹村郁哉
収録曲:1曲
レーベル:STARBASE INC.
配信日:2022年3月25日 (金)
各種配信サービス: https://lnk.to/BIM_WMCIS

related

BIMがZepp Yokohamaでワンマンライブを開催 | ゲストは今回も内緒

3月にミニアルバム『Because He's Kind』をリリースしたBIMが、6/15(水)にZepp Yokohamaでワンマンライブを開催すると発表した。

BIMの最新作『Because He's Kind』からどんぐりずを客演に迎えた"Anchovy"のミュージックビデオが公開

BIMが3月にリリースしたアルバム『Because He's Kind』から、どんぐりずを客演に迎えた"Anchovy"のミュージックビデオが公開された。

【インタビュー】BIM 『Because He’ s Kind』 | 俺は俺のことをやってるから

昨年は“吐露ノート”、“Yearn”などのシングルやVaVaとのコラボ曲“Fruit Juice”、『大豆田とわ子と三人の元夫』の主題歌"Presence"にも参加し、TV出演も行うなど多彩な活動を見せていたBIM。まとまったソロ作としては2020年の『Boston Bag』以来となったミニアルバム『Because He’ s Kind』には、柔らかいけれども強いエネルギーが込められている。10年を迎えたキャリアで積んだ経験からくる自信や、同時に世界や人に対しての優しい目線を内包するそのエネルギーは、BIMの作品作りにどういった影響を与えているのだろうか。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。