Manhattan Recordingsが新たな才能にスポットを当てるキュレーション企画「RiZing Next」を始動|第1弾として018の“Taboo (Prod. DJ FRIP a.k.a BeatLab)”がリリース

Manhattan Recordingsによる、レーベル独自の目線から新たな才能にスポットを当て発信していくキュレーション企画「RiZing Next」が始動。これからの活躍が期待される国内外アーティストの発掘と、ヒップホップやR&Bを始めとするクラブミュージックシーンの発展を目指し、将来有望なアーティストをサポートしていく試みとなっている。その第1弾リリースとして、SEEDAとの"Cold City"や、MARIAとの"Invisible"等、確実なスキルと多彩なフロウで注目を集める018による最新シングル“Taboo (Prod. DJ FRIP a.k.a BeatLab)”が3月16日(水)にリリースされた。

プロデュースは数々の著名アーティストとも共演を果たし、今後注目株の一人であるDJ FRIP a.k.a BeatLabが担当。静かに沸々と煮え滾る様な幾何学的なトラックに、018によるしっかりとハメてくるリリックが相性抜群な一曲となっている。

さらに、同日21:00にはMusic Videoも公開。渋谷Manhattan Recordsが舞台となる映像作品を楽しんで欲しい。

Info

タイトル:018 - Taboo (Prod. DJ FRIP a.k.a BeatLab)

アーティスト:018

発売日:2022年3月16日 (水)

仕様:デジタル

■配信

Link: https://018.lnk.to/taboo

related

【特集】2022年の注目アーティストに22の質問 Vol.1|018

先日発表したFNMNLの2022年注目アーティスト9組。それぞれの魅力やどのようなルーツを持っているかを紹介する特集コーナーがスタート。2022年にちなんで、22の質問でアーティストを解剖する。まず第一回目は東京都出身で17歳からキャリアをスタートさせたラッパーの018が登場。 出身...

【特集】FNMNLが2022年に注目するアーティスト9組

FNMNLなりの視点で今年の活動に注目するアーティストを紹介するこの企画。昨年は7組を選出したが、今年は9組のアーティストをピックアップ。続くコロナ禍によりシーン全体のトレンドが見えなくなっていると言われている中だが、ここに選ばれたのは、自身の音楽性を追求しているアーティストたちばかり。今後公開さ...

018がSEEDAをフィーチャーした新曲“Cold City”をリリース

東京を拠点とする018とSEEDAによる新曲“Cold City (feet. SEEDA)”がリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。