【オフィシャルライブレポート】Aマッソ+KID FRESINO 『QO』

AマッソとKID FRESINOが2022年1月30日(土)に東京・渋谷Spotify O-EASTにて、異例の2マンライブツアー『QO』東京公演を行った。

かねてからAマッソの大ファンだったというKID FRESINOがラジオ番組『Aマッソの両A面』で自分の曲がオンエアされたことを知り、NHKの番組『シブヤノオト Presents KID FRESINO -one off-』出演時にナレーションをAマッソ村上に依頼。この一件の流れがきっかけとなり、今回のツアー開催へと発展した。

Photo by Ray Otabe

日本における音楽とお笑いのコラボレーションは、先例が数少なく、ライブにおける共演はさらに未開拓な領域だが、今回、KID FRESINOとAマッソの間を取り持つべくライブ演出を映画監督の長久允が担当。映画『そうして私たちはプールに金魚を、』がサンダンス映画祭のショートフィルム部門で初のグランプリを受賞した長久の繊細かつ大胆なディレクション、さらには公演の謎めいたキーワード『QO』のもと、KID FRESINOはフルバンド編成で"Coincidence"をはじめとする代表曲を披露。Aマッソもこのツアーのため特別に準備したコントで呼応したステージは、ゲストである鎮座DOPENESS(福岡公演はBIM、大阪公演はC.O.S.A.)を交え、聴衆の想像を超えた予想外の展開に。

そのステージから感じられたのは、KID FRESINOとAマッソが互いに抱くリスペクトの念、そして、両者がヒップホップとお笑いに見る表現の可能性。
どちらのファンをも巻き込む間口の広さと圧倒的な完成度と共に、かつて体験したことのないエンターテインメントに見事結実した。

好評を博した『QO』東京公演の模様が、3月5日(土)よりオンデマンド有料配信開始となる。
ライブ映像のディレクションは佐藤大が手掛けた。(小野田雄)

Info

2022年1月30日(日) at Spotify O-EAST

出演
Aマッソ / KID FRESINO

演出
長久允

GUEST
鎮座DOPENESS / 佐瀬悠輔 / 関真里子

BAND
三浦淳悟 / 佐藤優介 / 斎藤拓郎 / 石若駿 / 小林うてな / 西田修大

映像監督 / 編集
佐藤大

SOUND EDITING / MASTERING
岡直人
===========================================

【オンデマンド配信詳細】

Aマッソ+KID FRESINO『QO』

配信日時:2022年3月5日(土)19:00〜2022年3月12日(土)23:59
配信URL:https://amasso-kidfresino-qo.zaiko.io/item/346586
※2月28日(月)22:00一般公開となります。

【チケット料金】
配信チケット:2,500円(税込)
※チケット代のほかに別途手数料が掛かります。

[お支払い方法]
各種クレジットカード、コンビニ決済、PayPal、WeChat、Alipay
※海外発行クレジットカードも決済可能

●チケット販売期間
2022年2月28日(月)22:00 ~ 2022年3月12日(土)22:00

related

ISSUGIとKID FRESINOがバンドセットでの2マンライブをWWW Xで開催

ISSUGIとKID FRESINOが、6/18(土)に2マンライブを渋谷 WWW Xで開催する。

カネコアヤノとKID FRESINOの2マンライブが大阪でも開催

カネコアヤノとKID FRESINOの2マンライブが6/24(金)にZepp Nambaで開催される。

『FFKT 2022』にKID FRESINO、Andy Stott、ペトロールズ、Tohji、長谷川白紙、D.A.N.、どんぐりずなどが出演決定

長野県・こだまの森を舞台にした野外音楽フェスティバル『FFKT 2022』が5/28(土)、5/29(日)に開催される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。