夢一平による写真展『DREAMS AND DAYS』がflotsam booksで開催

写真家の夢一平による写真展『DREAMS AND DAYS』が、1/27(金)から代田橋のflotsam booksで開催される。

夢一平は国内外で活躍するフォトグラファー 鈴木親の右腕として長らくその活躍を支える一方で、自身の写真表現を続けて来たフォトグラファー。これまでに同タイトルの写真展を国内で何度か開催してきたが、今回も新作などが展示される。

必要な断片をサンプリングしただけのイメージから得るものが少ないのは、そこに発見や遭遇を見出すことができないからだ。逆にいえば、未だ自分が見えていなかった物事を意識し、創りあげていくことに人は喜びを感じてきたのだと思う。新しい試みには、不確定な要素が付きまとう。昨今、予め予想のできないことをリスクと置き換え、更にそれを埋めるべき欠如とすり替え続けた結果、清潔で管理された社会が出来上がりつつあるのではないだろうか?

夢一平が引き寄せた光景には、「こうであるべきだ」という社会通念を解放する力を宿していると思う。規範から外れているとおぼしき人物や一瞬で消えてしまう出来事、消えようもなく残り続けるであろう爪痕。ピリピリとした緊張感を孕みつつも、見る人への回路が開かれていると感じるのは夢自身のユニークな視点がそこにあるからであろう。

現実の喧騒は束の間の解放区であることは誰もが知っている。だが、そこに躊躇なく飛び込むことができるのは数少ない人間たちだけである。最中で渦巻く欲望から自分を守ってくれるのは、その人が培ってきた生存のスタイルだ。
だからこそ、剥き出しの生き様が映り込むのだ。

覚えていない夢を確かに見たと感じるのは、圧倒的なリアリティが体を貫いているからだ。何も荒唐無稽なシーンの連続が夢だとは限らない。目覚めている状態で見る夢のことを白昼夢と呼ぶが、それにも似た光景 を今、確かに見た気がする。(文: 磯山進伍)

Info

会期: 2022/1/27(金)- 2月5日(土) 14:00-20:00

水曜日定休 

会場: flotsam books
住所: 東京都杉並区和泉1-10-7

〈新型コロナウイルス感染拡大及び拡散防止対策〉

ご来場の際は、マスクの着用及びご来場時の手指の消毒にご協力をお願いいたします。 会場内混雑の場合は、入店をお待ちいただく場合がございます。

related

鈴木親の写真展『体(たい)と用(ゆう)』がflotsam booksで開催中

東京・代田橋のflotsam booksで写真家の鈴木親による写真展『体(たい)と用(ゆう)』が、4/24(日)まで開催中だ。

cherry chill will.の写真展『ALL I NEED IS ONE MOMENNT』が原宿で今週末まで開催中

cherry chill will.が開催してきた写真展『ALL I NEED IS ONE MOMENNT』の東京版が今週末3/6(日)まで、原宿SORToneで開催中だ。

NY在住の写真家・廣永竜太がメキシコシティーへの旅を記録した写真集『OBREGÓN CIUDAD DE MÉXICO』を記念した展示を開催 | マーチャンダイズも発売

NYを拠点にする日本人写真家の廣永竜太が、今年1月から1ヶ月間訪れたメキシコシティーの旅の軌跡を記録した写真集『OBREGÓN CIUDAD DE MÉXICO』を発表する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。