JeterとY ohtrixpointneverがSEEDAをフィーチャーしたシングル“FANTASMA”をリリース

気鋭のオルタナティブアーティストJeterとプロデューサーY ohtrixpointneverが、客演にSEEDAを迎えたシングル“FANTASMA”をリリースする。

2020年末にリリースした自身初となる配信シングル“AROUND TOWN”のMVが1万5千回以上の再生回数を記録し、日本人離れしたフローとトラックメイキングセンスが高く評価されているJeterと、ヒップホップクルーWATER DAWGSのメンバーとして、“I'MA FUCKIN'DOWNTOWN”を初めとする楽曲を手掛ける他、EP『666=Angel』やシングル“planet1995”などのソロリリースで海外からも注目を集めているプロデューサーY ohtrixpointnever。

Jeter
Y ohtrixpointnever

“FANTASMA”は様々な音楽性を昇華させて生み出した新感覚のサウンドから、ヒップホップだけでなくエレクトロニック、ポップなど、新しい音楽を求める幅広い層から強い支持を得ている2人が、日本のラップゲームを一変させたSEEDAを客演に迎えた楽曲となる。

青い空の下に広がる広大な砂漠を荒々しくバギーで駆け抜ける青年達が感じる疾走感や解放感、無限大の可能性を内包するザラザラとした青春を3人が独自の音と詞を用いてエモーショナルかつパワフルに表現している。

また本楽曲は、ヒップホップに関する動画を中心にYouTube活動を行っているeijinがJeterと共に開始したマルチプロジェクトSalmographの第一弾であり、リリースと同日の12月1日(水)21:00にeijinが初めて監督・編集を務めたMVが公開される。

Info

アーティスト:Jeter, Y ohtrixpointnever & SEEDA

タイトル:FANTASMA

リリース日:12月1日

各種配信サービスにてリリース

https://linkco.re/RXAFu1Hp

related

気鋭のプロデューサーY ohtrixpointneverによる新曲“planet1995”がリリース

新進気鋭のプロデューサーY ohtrixpointneverによるソロ楽曲“planet1995”が本日リリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。