PEAVISが黒田卓也とShin Sakiuraを迎えた“ガラスの地球 Rework”をリリース|手塚治虫記念館で撮影されたMVも公開

福岡のラッパーPEAVISが手塚治虫の著書『ガラスの地球を救え: 二十一世紀の君たちへ』にインスパイアされ制作した楽曲“ガラスの地球”のReworkをリリースした。

楽曲のプロデュースは、世界的ジャズ・トランペッターの黒田卓也と、原曲のトラックを手がけたShin Sakiuraがタッグを組み、暖かみのあるサウンドが心地良い仕上がりとなった。さらにバックコーラスにはYonYonが参加。PEAVISの持つ明るくピースな世界観と力強いメッセージを後押ししている。

そして、スタジオ石(Mr.麿/MMM)がディレクターを務めたミュージックビデオも本日11月17日(水) 18時に公開。手塚プロダクションの取締役である手塚るみ子の協力の元、宝塚市の手塚治虫記念館での撮影が実現。その他PEAVISの生まれ故郷である兵庫県内各所で撮影された。MVに登場する主人公のロボットはスタジオ石のMMMが制作。

また、ジャケットのアートワークは少年ジャンプ+ に読み切り作品『僕とお父さんについて』が掲載された新進気鋭の若手漫画家、薄場圭が書き下ろしている。

PEAVISの2021年の集大成とも言える一曲となっている。

Info

■ リリース情報

アーティスト:PEAVIS

タイトル :ガラスの地球 (黒田卓也 & Shin Sakiura Rework)

リリース日 : 2021年︎11月17日(水)

フォーマット : デジタル配信

レーベル:Peace Tree

ディストリビューション: NexTone

配信リンク

https://nex-tone.link/A00092677

Produced by 黒田卓也, Shin Sakiura

Lyrics by PEAVIS

Chorus by YonYon

 Mixed by Hiroaki Sato (molmol) 

Mastered by ENA

Cover Art by 薄場圭

■ ミュージックビデオ

視聴リンク

https://youtu.be/qXKLnU-FHgU (2021年11月17日(水) 18:00 公開)

Directed by スタジオ石

Production: Peace Tree

Special Thanks: 手塚治虫記念館

related

Shin SakiuraがTENDREをフィーチャリングした新曲“WAVE”をリリース

Shin Sakiuraが新曲“WAVE feat. TENDRE”を10月27日(水)にリリースする。

PEAVISが2ndアルバム『PORTRA¥AL』のアナログ盤をリリース|アートユニットHITOTZUKIとコラボしたアパレルも同時展開

福岡拠点のラッパーPEAVISが1月に発表した2ndアルバム『PORTRA¥AL』のアナログ盤が本日リリースされた。

PEAVISがRin音とのコラボシングル “Last Dance feat. Rin音”をリリース

福岡のラッパーPEAVISがRin音との待望のコラボ楽曲“Last Dance feat. Rin音 ”を本日リリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。