yx sillyが新作EP『Silly & Me』 をリリース

兵庫・神戸を拠点に活動するラッパー yx sillyが1年ぶりのリリースとなるEP『Silly & Me』をリリースした。

今作は「コロナ禍で自分自身と向き合い、完成した楽曲」が収録されており、前作の『Silly & U』と比べラッパーである前に1人の人間としての思いが込められた作品となっている。客演には東京で活動するeiminnちゃん、先日アルバムをリリースし注目を集める徳島の新鋭Riinが参加。

アートワークは、写真をganache.k、デザインをwhoiskosukeが手掛けており、ミックス、マスタリングはHLGB STUDIOのDa.I(KNOTT)が担当。

また、収録曲“俺は生きる (feat.Riin)”のMVが11月12日に公開予定となっている。

Info

11/6 release

・タイトル : Silly & Me

・トラックリスト

 1 いつか

 2 No Music No Life

 3 明日こそ

 4さよなら ~LAST~ (feat. eiminnちゃん)

 5 Smile

 6ゆれる

 7 俺は生きる (feat. Riin)

・楽曲リンク

https://linkco.re/9ZVXXR7n

related

神戸のラッパーyx sillyがEP『Silly & U』から「辛くても夢は諦めない」というメッセージを込めた"Butterfly"のミュージックビデオを公開

神戸を拠点とする若手ラッパーのyx sillyがリリースしたEP『Silly & U』から、"Butterfly"のミュージックビデオを公開した。

神戸の新鋭ラッパーyx sillyがEP『Silly & U』をリリース | Minchanbabyとlil beamzも参加

姫路を拠点とする若手ラッパーのyx sillyが、3作目のEPとなる『Silly & U』をリリースした。

姫路のラッパーyx sillyがシングル“Get over”を配信リリース

姫路を中心に活動するラッパーyx sillyが、ニューシングル“Get over”をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。