denyen都市に所属するSSW浅井杜人が1st EP『時間難民』をリリース

ヒップホップコレクティブdenyen都市に所属する熊本県出身のシンガーソングライター浅井杜人が1st EP『時間難民』を11月10日(水)にリリースする。

ソロ名義一作目となる『時間難民』は、浅井自身の実体験を元に綴られた短編集のような構成の作品。タイトルは彼が学生時代通い詰めていた熊本県阿蘇郡西原村に位置するジャズ喫茶「オーディオ道場」の館長である片山昇の口から語られた「アドバイス」に由来するものであり、時の流れそのものがアートであるという片山の生の価値観に感化された浅井が、時の流れをテーマに自身のこれまでの足跡を辿った回想録として今作の制作に至ったとのこと。

ラディカルでありながらもどこか懐かしさのあるビートの上で描かれるのは彼自身がその目で見てきた光景の数々。その語り口は時に残酷ながらも決して人間愛を見失わず、いつか通り過ぎていった景色たちへ満遍なく光を当てていく。また、収録曲全5曲のうち4曲のプロデュースを自身で手がけ、4曲目“Time”のプロデュースはグラフィックデザイナーとして活動する傍らOIL WORKS Rec.より2枚のフルアルバムを発表、ビートグランプリCLASH 2019優勝者としても知られるJunes Kが手がけている。

Info

[配信リンク]

https://linkco.re/8Ra0ztMH

[トラックリスト]

1.Soul Kitchen

2.Lucky Strike

3.フェアレディZ

4.Time

5.ヒステリック・ラバー

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。