Hideyoshi × K2のコラボTシャツがfnmnl storeで発売

人気アーティストやブランドとコラボレーションし、オリジナルアイテムを販売するfnmnl store。今回HideyoshiをフィーチャーしたTシャツが本日発売となった。

Tokyo Young Visionのメンバーであり、近年は海外でも人気急上昇中のHidesyoshi。ファッションへのこだわりも深く、Children of the discordanceのショーなどにもモデルとして登場している。

Tシャツのデザインは、Trippie ReddやLEXなど、国内外の様々な著名アーティストのアートワークを手掛ける新鋭デジタルアーティストのK2が担当。ストリートから着想を得たグラフィックが印象的なスタイルで人気を集めている要注目のアーティストだ。

ボディはUnited Athleによる6.2オンスのタフなボディを使用。Hideyoshiのリクエストによるヴィンテージの90年代のバンドTシャツのように仕上げるため、ユーズド加工をTシャツ全体に施し、フロントにはK2がデザインしたイラストがプリントされている。

FNMNLさんから今回の企画を頂いてテーマって何か考えた時に、今年1番感じたことが「EUPHORIA(ユーフォリア)」つまり多幸感だったんです。環境の変化の中にも、周りにいる大事な人と共有した時間からも感じてて。それを表現出来たらと思って作りました。


自分自身好きなバンドやアーティストのヴィンテージTシャツを普段集めたりしているので、架空の90年代のアーティストのヴィンテージTシャツ作れないかと思ってデザインをイメージしました。あとは加工とかもこだわってみました。フォントのカラーリングは幼少期に見ていたアニメに出てたヴィランのロゴを参考にしてみたり。


今回デザインはK2君にお願いしてまして、K2君の作品が気に入ってて一緒にやれないかなって思ってたので、今回出来て嬉しかったですしイメージを形にしてくれました。自分的にも気に入ってるので、気に入ってくれる人がいたら嬉しいです。

Hideyoshi

こだわった点は、反転しているような色合いで描くのが初めてだったので試行錯誤しながら描いていました。Hideyoshiさんの中でアイディアやイメージがしっかり決まっていて伝わりやすく、形にするのがとても楽しかったです!

K2

Info

販売リンク:https://fnmnlstore.myshopify.com/products/hideyoshi-k2-tee

fnmnl store:https://fnmnlstore.myshopify.com/

発売日:10月14日(木)18時〜

Hideyoshi Instagram:https://www.instagram.com/lilhideyoshi/

K2 Instagram:https://www.instagram.com/smilecomplexx/

Photo Credit

Photographer:陆叁
Model:Hideyoshi , Elena Midori

related

【特集】音楽好きのための今季注目のTシャツ15選

本特集では、今シーズン発売で何かしらの音楽ネタを引用したTシャツを集め、注目のアイテムをピックアップしている。デザインの背景を知ることで、よりお気に入りの一着になるはず。これからのTシャツ選びの参考にして欲しい。

2TIGHT MUSICとFNMNLのコラボTシャツの受注販売がスタート

FNMNLによる、様々な人気アーティストやクリエイター、ブランドやショップなどとコラボレーションアイテムを展開するオンラインストアが5月12日(火)にオープンする。

Red Bullのサイファー企画『RASEN』の最新回にHideyoshi、MonyHorse、SEEDAが登場 | ビートはYung Xanseiが制作

Red Bullによるジャパニーズ・ヒップホップ専門のYouTubeチャンネル「レッドブルマイク」で人気サイファー企画『RASEN』の最新回が公開となった。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。