Gokou Kuytが最新EP『U DESERVE IT!』をリリース

Gokou Kuytが本日9/22(水)に最新EP『U DESERVE IT!』をリリースした。

本作には7月に発表したシングル"Type Beat & SoundCloud"、8月にリリースしたシングル"Suginami Town"など5曲を収録。トラックメイクとミックスも自ら手掛けた"曲ができない"というGokou Kuytらしい楽曲や、自らのキャリアを飛躍させる大切な要素であった"Type Beat & SoundCloud"、そして住んでいる街に対しての想いを込めた"Suginami Town"と自身の日常の逡巡を等身大に表現した楽曲が続く。

一転して4曲目の"Teen Dream Forever"では過去の自分と向き合い、そして終幕となる"CLUTCH"ではヴィヴィッドなサウンドを展開している。

ミックスは全曲自ら行い、マスタリングは塩田浩(SALT FILED MASTERING)が全曲を手掛けている。アートワークなどの世界観をゼロから榛葉大介と共に文脈などをはじめ創り上げた今作。イラストレーションも鈴木旬が手がけアニメや漫画、ゲームなど多種多様なサブカルチャーを経由した独特の感性を持つGokou Kuytらしい世界を作り上げた。

Info

Artist:Gokou Kuyt
Title:U DESERVE IT!
Label:TOKIO SHAMAN RECORDS
Format:Digital only
length:10:12
No:TKSM-007
Release date:9/22 0:00 配信開始
配信リンク:https://gokoukuyt.lnk.to/UDI

Track List
Track 1:曲ができない
length:2:22
Track 2:Type Beat & SoundCloud
length:1:59
Track 3:Suginami Town
length:1:38
Track 4:Teen Dream Forever
length:2:10
Track 5:CLUTCH
length:1:50

Credit
Track 1 Prod. by Gokou Kuyt
Track 2 Prod. by MaxOTT
Track 3 Prod. by Pdubcookin x Yonas-K
Track 4 Prod. by KJ Run It Up
Track 5 Prod. by MaxOTT
All Lyrics:Gokou Kuyt
All Mixed:Gokou Kuyt
All Mastering:Shiota Hiroshi
Design : Daisuke Shinba
Illust : Shun Suzuki

related

Gokou Kuytが最新EP『U DESERVE IT!』をアナウンス|”Suginami Town”のミュージックビデオも公開

Gokou Kuytが9月22日(水)に最新EP『U DESERVE IT!』をリリースすることを発表。併せて、シングル"Suginami Town"のミュージックビデオが公開となった。

Gokou Kuytが新曲"Suginami Town"をリリース

7月に1年8ヶ月ぶりとなるシングル"Type Beat & SoundCloud"をリリースしたGokou Kuyt。そんな中でニューシングル"Suginami Town"が、本日8/18(水)にリリースされた。

Gokou Kuytが1年8ヶ月ぶりの新曲"Type Beat & SoundCloud"をリリース

2017年ごろからSoundCloudを中心に活動をスタートし、中野や高円寺、そして様々なアニメや漫画など多種多様なサブカルチャーを経由した独特の感性と等身大のリリックで支持を集めるGokou Kuytが、1年8ヶ月ぶりとなるニューシングル"Type Beat & SoundCloud"を本日7/21(水)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。