プロデューサーTeppeiがソロシングル”Majesty”をリリース

東京出身のプロデューサーTeppeiがソロ活動を開始し、シングル”Majesty”をリリースした。

“Majesty”は2010年代中期のビートミュージックから影響を受けた楽曲。管弦楽曲やヒップホップ、EDM、ミニマルミュージックと多くの要素を含む音使いで、高貴で気高い存在、出身地である東京のアンニュイさが表現されている。

https://youtu.be/dSPYMRQCFA8

また、楽曲を一つの紋章として可視化し反映されたアートワークなど、音楽以外のクリエイティブコントロールにもTeppei自身が関わっている。

Info

linkco.re/TFvRXu8d

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。