【都市と香りと音楽と No.01】Daichi Yamamoto | ロンドン

またあの香り。
靴底に着いた油分がねっとりと重たい。
トルコに帰ったフラットメイトが付けていた香水の香り。
もうここに居るはずも無いのに、振り返り人混みから彼女を探す。
ラーメン屋のシフト上がりに、ロンドンの中心地を散策していた。
貧乏学生の僕には、空港まで彼女を送る事さえ贅沢な話で、ヒースロー空港国際線のゲートで例の香りが消えるまで、僕はじっと彼女を見送った。
変な話だが、京都の古本屋でマクベスを手に取った時に、本から同じ香りがした事がある。
流れる川の中で踏ん張る鷺の様に、人混みで止めた記憶を動かし、残春の桜みたく地面にこびり付いたガムを踏み締めて、人混みに身を任せて歩いてみた。

文・撮影:Daichi Yamamoto

構成:和田哲郎、本郷 誠

Daichi Yamamoto

京都生まれのMC。日本人の父とジャマイカ人の母を持つ。2017年にロンドンから帰国後Aaron Choulaiとのジョイントアルバム『Window』(2018)、1stアルバム『Andless」(2019)を発表。2020年にはSpotifyによる「Early Noise 2020」にも選出されEP『Elephant In My Room』も発表。困難な状況が続く2021年にも2ndアルバム『WHITECUBE』を発表し、Appleのキャンペーンへの参加や、Riot Games「VALORANT」の新エージェント・YORUの発表動画に楽曲提供を行っている。

Info

LE LABO FINE FRAGRANCE CITY EXCLUSIVE COLLECTION

“POIVRE 23(ポアブル 23)”

(シティ・エクスクルーシブ;ロンドン限定の香り)

“ポアブル”とはフランス語でペッパーのこと。ここで言うペッパー=コショウ(胡椒)とは、“コショウ界のロールスロイス”とも呼ばれる“ブルボンペッパー”を指す。スパイスの中のスパイスであり、伝統的な調香の世界では広く使われている原料。ル ラボはこのペッパーをその価値に相応しく、“ポアブル 23”の香料のトップノートに。温もりがありながらもとてもスパイシーで、真のコスモポリタンな香りが漂う。

オード パルファム[100ml]¥52,000(税込¥57,200), [50ml]¥35,000(税込¥38,500), [15ml]¥18,000(税込¥19,800), [1.5ml]¥1,450(税込¥1,595)※以上すべて9月までの限定発売

LE LABO(ル ラボ)お客様相談室

tel:0570-003-770 / lelabofragrances.jp

related

【都市と香りと音楽と No.02】Daichi Yamamoto | 東京

ほとんど水の 焼酎ソーダに口をつけるフリをして 合わせ鏡の様に唇に 続く香りを額に感じた。

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

スリーピースバンドRyu MatsuyamaがDaichi Yamamotoを迎えた新曲"Snail"をリリース決定

ピアノスリーピースバンドRyu Matsuyamaが、8/11(水)にDaichi Yamamotoを迎えた新曲"Snail"をリリースする。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。