パソコン音楽クラブが3rdアルバム『See-Voice』を来月リリース|ゲストボーカルに弓木英梨乃、川辺素、Sagesaka Tomoyukiらが参加

パソコン音楽クラブが3rdアルバム『See-Voice』を10月13日(水)にリリースする。

「水」と自分たちの内面を重ねることをテーマとした今作は、インスト、歌物合わせて14曲入りとなる2年ぶりのフルアルバム。ゲストボーカルに弓木英梨乃, 川辺素(ミツメ), 猪爪東風(ayU tokiO), Tokiyo Ooto(And Summer Club), unmo, Sagesaka Tomoyuki(isagen)の6人を迎え、各楽曲で統一されたコンセプトを表現している。

マスタリングはレイ・ハラカミ『unrest』のアナログリマスタリングなども手がけるAUTORA/TANZMUSIKの山本アキヲが担当。10月13日(水)にフィジカル発売、配信ともに同日開始となる。

パソコン音楽クラブからのコメントはこちら。

3枚目のアルバムということで、改めて自分たちの好きな音を掘り下げてみようと思いました。これまでの音源が外の風景からインスピレーションを受けていたのに対して、今回は自分たちの内側のイメージを描くような内容になっているように思います。

一生懸命作りましたのでぜひ聞いてみてください!

Info

アーティスト:パソコン音楽クラブ
タイトル:See-Voice
発売日:2021年10月13日(水)
品番:PSCM004
定価:¥2,500+税
バーコード:4526180578765
レーベル:パソコン音楽クラブ

<Track list>
1. Dehors (Intro)
2. Listen vocal : 猪爪東風(ayU tokiO)
3. Locator vocal : Tomoyuki Sagesaka(isagen)
4. 遠くまで vocal : unmo
5. Aqua Glass
6. Panorama vocal : 弓木英梨乃
7. 潜水 vocal : 川辺素
8. Sun Point
9. Voice vocal : Tokiyo Ooto
10. ぬけて
11. 透明な青 vocal : Tokiyo Ooto
12. Affirmation
13. Around the core
14. 海鳴り vocal : 川辺素, unmo

related

全員匿名のコンピレーションアルバム『empty hours』第一弾に徳利や柴田(パソコン音楽クラブ)らが参加

現在徳利のYouTubeチャンネル『徳利TV』のディレクターなどで活動するドーナッツ 梶が編纂したコンピレーションアルバム『empty hours』 の第一弾が、今年最後のbandcamp fridayである2020年12月4日にリリースされた。

パソコン音楽クラブによるイベント『COM_PLEX』にCarpainter、in the blue shirt、さよひめぼうなどが出演

DTMユニットのパソコン音楽クラブが、11/29(日)に恵比寿The Garden Roomにて自主企画ライブ『COM_PLEX』を開催する。

tofubeatsが主宰するHIHATTの5周年を記念したEPにパソコン音楽クラブや©OOL JAPANなどが参加

精力的にリリースを重ねているtofubeatsが主宰するレーベル・事務所のHIHATT(ハイハット)の5周年を記念したEPが10/24(土)にリリースされる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。