LIBROがニューアルバム『なおらい』をリリース | 自身のレーベルAMPED MUSICからリリースした8作品をストリーミング配信を解禁

LIBROが3年ぶりとなるニューアルバム『なおらい』を本日9/8(水)にリリースした。

新作はプロデュースは全曲LIBRO自身が担当、客演には句潤、MU-TON、鎮座DOPENESS、元晴を迎えている。

またリリースに合わせて自身のレーベルAMPED MUSICからリリースしてきたLIBRO名義の『night canoe』(2009年)、『COMPLETED TUNING』(2014年)、『COMPLETED TUNING -INSTRUMENTALS-』(2014年)、『拓く人』(2015年)、『風光る』(2016年)、『祝祭の和音』(2017年)、『SOUND SPIRIT』(2018年)と、LIBRO×嶋野百恵名義の『オトアワセ』(2015年)の計8作品、104曲をサブスクリプション/ストリーミング配信サービスにて全面解禁する。

サブスクリプション/ストリーミング配信解禁に際してのLIBROからのコメント。「これをきっかけに皆さんの日常により寄り添えたらこれ幸いです。」

Info

Artist : LIBRO (リブロ)

Title : なおらい (ナオライ)

Label : AMPED MUSIC

Release Date : 2021年09月08日(水)

Format : CD/DIGITAL

Price: 2,500YEN + TAX(CD)

URLs: https://ultravybe.lnk.to/naorai 

収録曲

1. ハーベストタイム

2. シグナル (光の当て方次第影の形) feat. 元晴

3. シナプス feat. 句潤, MU-TON

4. DJは縁結びの神さま

5. 4つの力 (The Four Fundamental Forces)

6. ヤッホー feat. 鎮座DOPENESS

7. 気が散るもの遠ざけてチル

8. 小道を行けば

9. なおらい

10. プレイリスト

11. ハーベストタイム Remix

related

LIBROのニューアルバム『なおらい』から鎮座DOPENESSを迎えた"ヤッホー"のミュージックビデオが公開

LIBROが昨年発表したニューアルバム『なおらい』から、客演に鎮座DOPENESSを迎えた"ヤッホー"のミュージックビデオを公開した。

LIBROが98年にリリースした1stアルバムにして日本語ラップクラシック『胎動』が初のアナログ化

日本のヒップホップシーン黎明期から活動をスタートさせ、来年デビュー25周年を迎えるキャリアを誇りながらも今年9月には新作『なおらい』をリリースするなど精力的な活動を続けるLIBRO。そんな彼が98年にリリースした1stアルバムにして日本語ラップクラシックの一つに数えられる名盤『待望』が初のアナログ化を果たす。

【インタビュー】LIBRO『なおらい』|素直に会える日が来るまで

LIBROが約3年ぶりのアルバム『なおらい』をリリースした。一本のミックステープのように聴くことができる本作は、前作『SOUND SPIRIT』発表後、ほどなくして制作が始まった。だがコロナウイルスの感染拡大から露わになった世界的な分断と断絶を目の当たりにして、制作と並行してその様子をゆっくり観察することにしたという。その上で自分が言えることは何か。本作にはそんな思いが散りばめられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。