TYOSiNが新境地となるEP『After a storm comes a calm』をリリース|リード曲“TWILIGHT”のMVも公開

TYOSiNが前作『blue blue』から約1年ぶりのEPとなる『After a storm comes a calm』をリリースした。

ロックバンドHelp Me Plyzの結成、アルバムリリースなど精力的な活動を行う中で制作が行われた『After a storm comes a calm』は、自身の好奇心の赴くままハイパーポップ、メロコア、ポップパンク、エモなど様々なジャンルの楽曲と向きあった全7曲が収録。

夕焼けが燃え、闇に染まりゆく東京の上空をふたりが漂う印象的なアートワークは、『呪術廻戦』をはじめとする数多くのアニメの作画監督を務め、Bad Bunny “Yonaguni”のアニメパートのディレクションも手がけた北村晋哉がTYOSiNのアイデアを基に描いたもの。 

フィーチャリングにはMiku The Dude、プロデューサーにはSATOHのkyazm、Help Me PlyzのATSUKIとJoseph Gen、前作に引き続きCharlie Shufflerが参加している。

また、EPのリード曲である“TWILIGHT”のMVは新進気鋭の映像ディレクターであるSekaiseifukuyametaが担当。本日18日(水)18時よりMVの予告が公開され、22日(日)18時にプレミア公開となる。

TYOSiNが多くの出会いや別れを経験し人生と戦い続けるなかで切り開いた新境地である『After a storm comes a calm』。今後の展望へと繋がる一つの鍵となる作品に仕上がっている。

Info

Artist: TYOSiN

Title: After a storm comes a calm

配信リンク:https://linkco.re/AaHnq0bX

1. HELP ME  (prod. Joseph Gen)

2. Luna  (prod. kyazm)

3. Clear  (prod.kyazm)

4. TWILIGHT  (prod. ATSUKI)

5. See Saw  (prod. kyazm)

6. Leave Me Alone  (prod. Joseph Gen)

7. grinch feat. Miku The Dude  (Prod. Charlie Shuffler & thislandis)

Artwork:北村晋哉

related

TYOSiNが現在制作中の新作EPから「EMO × HYPERPOP」な先行シングル“See Saw”をリリース

ラッパー、シンガーとして活躍し、ロックバンドHelp Me Plyzのボーカル「罪」としても活動するTYOSiNが、現在制作中の新たなEPから先行シングル”See Saw”を本日リリースした。

【インタビュー】TYOSiN(Help Me Plyz)|第二のストーリーを表現する

国内のトラップ/エモラップの愛好者であれば知らぬ者はいないであろうラッパー・TYOSiN。KiD NATHAN時代から築きあげてきた強固なファンベースに吹いた新たな風は、彼をボーカルに据えたバンドの結成によってもたらされた。 ギターにfulusu/XANYのギタリスト兼コンポーザーのJoseph Genを、ドラムに同じくXANYで活動するShaun Pxllyを、ベースにfulusuの佐藤旬介を、そしてDJにはビートメイカーとしても知られるATSUKIを迎えて走り出したバンドHelp Me Plyzが去る3月に待望の1stアルバムをリリース。

TYOSiNが中心となり結成されたバンドHelp Me Plyzがセルフタイトルの1stアルバムをリリース

ラッパー、シンガーのTYOSiNが旗揚げしたバンドHelp Me Plyzが、セルフタイトルの1stアルバムを3月17日にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。