【プレイリスト】カルロスひろしが選ぶ「違和感を感じるヒップホップやR&Bとダンスミュージック」

今の日本のラップが好きなら、カルロスひろしによるDJミックスシリーズは知っておいた方がいいかもしれない。カルロスひろしという名前に耳馴染みがない人も、彼がCbtek!名義でLEF!!! CREW!!!のメンバーや個人でもDJとして活動し、かつて川崎でスケートショップGOLDFISHも運営していたといえばわかる人も多いはずだ。

カルロスひろし

Cbtek!名義ではダンスミュージックを中心にDJを行なってきたが、カルロスひろしでの選曲の中心は日本のラップやR&Bが中心。しかしミックスからは、ダンスミュージックのミックスのように一貫したグルーヴ感を聴くことができるのが、他の日本のラップのミックスとは一線を画すところだろう。

ミックスシリーズ「neftlix」の第11弾が公開されたのを機に、カルロスひろしがFNMNLにプレイリストを提供。

「違和感を感じるヒップホップ、R&Bそして、ダンスミュージック」と名付けられたプレイリストには、カルロスひろしらしく、様々なジャンルの狭間にある楽曲がセレクトされている。

ヒップホップとR&Bの境目が曖昧な曲は妙に心に引っ掛かるし、
踊ることを目的としていない曲にグルーヴを感じると、何とかして踊らせたい欲求に駆られる。
これらの違和感や突き動かされる様なエネルギーを感じ取れるのは今だけで、数ヶ月後には何も感じなくなっているかもしれない事が怖い。だから僕は今日もミックスを作っている。(カルロスひろし)

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。