Jägermeisterが東京のナイトカルチャーをサポートする『SAVE THE NIGHT JAPAN 2021』をローンチ | ミニドキュメンタリーを公開

クラブでも愛飲されているリキュール銘柄Jägermeister(イエーガーマイスター)が、停滞を余儀なくされている東京のナイトカルチャーをサポートするべく、ローカルプロジェクト『SAVE THE NIGHT JAPAN 2021』をローンチした。

Jägermeisterは、昨年から世界中で「#SAVETHENIGHT」を発足し60ヶ国1500名以上のアーティスト支援を行ってきた。ナイトカルチャーのコミュニティを長期的かつ持続的に応援する理由は、正解のない自由な空間における表現や実験、発信の機会が減少すること、ひいては時代を加速させるムーブメントが消滅するという危機感に他ならないという。

本プロジェクトのために特別制作した約5分のドキュ メンタリーには、Frankie$、Licaxxx、YUKIBEB、YAMARCHY、RYUZO、MONKEY TIMERS(DISKO KLUBB)、 Global Heartsの村田大造とYuko Ichikawa、Robin & Kalin (Tokyo Lovehotels) などシーンのアイコンと、コミュニティやプラットフォームを創造するクラブオーナーたちが登場している。

さらに中目黒solfaのデザインチームの協力により、「SAVE THE NIGHT JAPAN 2021」プロジェクト限定のカプセルコレクションを制作。Tシャツ、 トートバッグ、マスクの各アイテムは、9/1(水)より『solfa』のオンラインストアで販売する。

related

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。