Mild High Clubがニューアルバム『Going Going Gone』を9月にリリース決定 | 新曲"Me Myself and Dollar Hell"も発表

Stones Throwに所属するマルチミュージシャン/シンガーソングライター: Alexander BrettinのプロジェクトMild High Clubが再始動。

ソフト・サイケな演奏と人懐っこいメロウな歌声で知られるMild High Clubは、これまで2作のオリジナルアルバムとオーストラリアのサイケロックバンドKing Gizzard & The Lizard Wizardとのコラボアルバムをリリースしてきた。

4年ぶりとなる新作『Going Going Gone』は、これまでのスタイルにAORサウンドや、70s~80sのブラジル音楽や日本のシティポップなどからも影響を受けて制作したと本人が語る内容になるようだ。

本作から先行シングルとして"Me Myself and Dollar Hell"が本日リリースされている。

Info

Mild High Club - Going Going Gone

Tracklisting

  1. Kluges I
  2. Dionysian State
  3. Trash Heap
  4. Taste Tomorrow
  5. A New High ft. Winter
  6. It's Over Again
  7. Kluges II
  8. I Don't Mind The Wait
  9. Dawn Patrol
  10. Waving
  11. Me Myself and Dollar Hell
  12. Holding On To Me

Mild High Club “Me Myself and Dollar Hell” single
Spotify https://open.spotify.com/album/5l2clMrcaVnX8MDodTUyyI
Apple Music https://music.apple.com/jp/album/me-myself-and-dollar-hell/1523126012?i=1523126538&l

related

Stones Throw発のモダンサイケデリックサウンドMild High Clubの初来日公演

LAを拠点にするマルチミュージシャンAlexander BrettinによるプロジェクトMild High Clubの、待望の初来日公演が11/21に東京・渋谷のWWWで開催される。 Mild High ClubはAlexander Brettinが、ギター、ドラム、ベースにキーボード、録音編...

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。