YOUR SONG IS GOODのMasatomo YoshizawaがXTALをプロデューサーに迎え初のソロアルバム『Guitar Esquisse Volume One』をリリース

YOUR SONG IS GOODのギタリスト吉澤成友が、初ソロ作となるファーストアルバム『Guitar Esquisse Volume One』を9月8日にリリースする。

「Guitar Esquisse(#guitaresquisse)」と題されたギターの演奏とイラストによるinstagramの投稿は2020年5月に始まり現在も不定期に続いている。その投稿からはコロナ禍の自粛期間中に向き合う吉澤自身のルーツと何より現在のムードが強く感じられるもの。本作『Guitar Esquisse Volume One』は、その断片の数々を何か形にまとめることができないか、というところからスタートしたプロジェクトとなっている。

XTALを共同プロデューサーとして迎え、2人の中で自然と浮かび上がった「DUB」というキーワードを元に、録りためていた断片の数々をXTALの手で拡大と再構築を施していった10のトラック群は、断片が元々持っていたパーソナルな空気感はそのままに、どこか違う世界へ連れて行ってくれるような飛躍がもたらされ、時代も国籍も飛び越える世にも不思議で心地よいギターインスト、サウンドトラック集に仕上がっている。初のソロ作品でありながら、アザーワークスとも言える異色の作品。シチュエーションを問わず聴く者の意識に入り込むような作品となっている。

作品のアートワークは自身が手掛けており、公開となったアーティスト写真は鈴木親、ティザー映像は大原大次郎が担当している。

Info

Masatomo Yoshizawa meets XTAL

Guitar Esquisse Volume One

2021年9月8日発売

通常盤[CD] 2,000円(税別) DDCK-1073

限定盤[TAPE] 1,700円(税別) KAKU-136

DIGITAL

KAKUBARHYTHM

include 10 tracks

Track listing

01_No.25  Esquisse Intro

02_No.18  Sketch in the Shade

03_No.31  Spirograph

04_No.20  Syncopated Block Print

05_No.11  Esquisse Interlude

06_No.13  Kerning Man

07_No.30  Crystal Science

08_No.41  Vernacular

09_No.14  Eventide Arpeggio

10_No.37  Esquisse Outro

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。