DYGLによる『Fred Perry “Subculture Live”』のストリーミングライブが配信|来週には『ストリームwith: DYGL』がTwitchにて配信

2年振りのアルバム『A Daze In A Haze』でロックを現代的な解釈でアップデートさせたDYGL。10月からは全国19カ所を巡る『A Daze In A Haze Tour』を控える彼らが、本日『Fred Perry “Subculture Live”』のストリーミングライブ版に登場する。

『Fred Perry “Subculture Live”』ではブランドを代表するアイテム「FRED PERRY SHIRT」を纏い、アンディ・ウォーホルのThe Factoryを連想させるステージにて“Half of Me”や“Sink”を含む全5曲を披露。また、ボーカル&ギターの秋山信樹が自身の音楽性やFRED PERRYについて語るインタビューも同時公開される。

さらに、来週7月20日 (火) 20:00にはTwitchのAmazon Music Japan Channelにて、『ストリーム with: DYGL』の配信が決定。生演奏での新曲のアコースティックライブ、そしてDYGLが最初で最後(?!)となるゲーム配信を行う。

Twitchでの配信は、Amazon MusicアプリおよびTwitch上のAmazon Music Japanチャンネルで無料視聴できる。

Info

■Fred Perry “Subculture Live” 情報:

配信日時:2021年7月16日(金)18:00~

配信&インタビュー先URL:https://www.fredperry.jp/articles/subculturelive-dygl/

■Amazon Music presents『ストリーム with: DYGL』 情報:

配信日時:2021年7月20日(火)20:00~

配信URL:https://www.twitch.tv/amazonmusicjp

■ツアー情報:

DYGL 『A Daze In A Haze Tour』

10/1 (金) 静岡・浜松 窓枠

10/2 (土) 京都・京都 磔磔

10/3 (日) 兵庫・神戸 VARIT.

10/5 (火) 愛媛・松山 サロンキティ

10/6 (水) 香川・高松 DIME

10/7 (木) 熊本・熊本 NAVARO

10/9 (土) 福岡・福岡 BEATSTATION

10/10 (日) 岡山・岡山 CRAZYMAMA KINGDOM

10/11 (月) 広島・広島 クラブクアトロ

10/17 (日) 長野・松本 ALECX

10/19 (火) 石川・金沢 GOLD CREEK

10/20 (水) 新潟・新潟 GOLDEN PIGS – RED

10/22 (金) 福島・福島 HIPSHOT

10/23 (土) 岩手・盛岡 the five morioka

10/25 (月) 宮城・仙台 Rensa

10/30 (土) 北海道・札幌 SPiCE

11/2 (火) 大阪・大阪 BIGCAT

11/4 (木) 愛知・名古屋 クラブクアトロ

11/5 (金) 東京・東京 USEN STUDIO COAST

第2次オフィシャル先行予約

受付期間:7月7日(水)12 :00 〜 7月18日(日) 18:00

受付URL: https://eplus.jp/dygl21-official/

*お一人様1回の購入のみで購入枚数制限4枚まで。(購入時に同行者含め個人情報の入力が必要)

一般発売:7月31日(土)

*全公演チケット購入時に同行者含め個人情報の入力が必要になります。

*小学生以上はチケット が必要となります。

本公演は、政府、各自治体および会場より示された新型コロナウイルス感染拡大予防のガイドラインに基づいた対策を講じた上で開催させて頂きます。ご来場されるお客様は下記内容をご確認下さい。

・当日は会場内含めマスクの着用をお願い致します。着用されていない方は入場をお断りいたします。

・入場時、検温を実施いたします(37.5℃以上の方は別途再検温、再度37.5度以上の場合はご入場をお断りする場合がございます。)

・会場内に設置されたアルコール消毒液で手指の消毒をお願いいたします。

・場内における大声での発声、会話、お手洗いの際以外の不要な移動、過度な飲酒などお控えいただきます。
・チケット購入者及び同行者の個人情報は、会場内で新型コロナウイルス感染者が出た場合、保健所・各自治体等の公的機関から 開示要請を受けた際に情報提供いたします。また、チケット購入者に同行者の個人情報を確認する場合がございます。取得した個人情報は、上記以外の目的では使用いたしません。

・発熱・咳・全身痛などの症状がある場合、または過去2週間以内に感染拡大している国・地域での滞在歴、渡航歴がある方は自主的に当イベントへの参加をご辞退お願いいたします。
・新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した方との濃厚接触がある方、同居家族や身近な知人の感染が疑われる方、過去14 日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国・地域等への渡航及び当該国・地域の在住者との濃厚接触がある方は自主的に当イベントへの参加をご辞退お願いいたします。

・公演実施が不可能な場合はチケットの払い戻しを行いますが、公演が実施されている状況で、ご来場を辞退、もしくはご来場ができない状態であっても払い戻しは対応いたしかねます。
・上記ルールを守れない場合、ご退出をお願いする場合がございます。

主催:各地イベンター

企画/制作: Hard Enough/ SMASH

総合問合せ:SMASH smash-jpn.com

■リリース情報:

アーティスト名:DYGL

アルバム名:A Daze In A Haze

リリース日:2021年7月7日(水)

フォーマット:CD / digital

カタログNO:HEC-007

発売元:Hard Enough

販売元:ULTRA-VYBE

CD販売価格:

限定盤: 5,000円 (税抜) / 5,500円 (税込)

通常盤: 2,500円 (税抜) / 2,750円 (税込)

<track list>

1. 7624

2. Banger

3. Half of Me

4. Did We Forget How to Dream in the Daytime?

5. Sink

6. Bushes

7. Wanderlust

8. The Rhythm of the World

9. Stereo Song

10. Alone in the Room

11. The Search

12. Ode to Insomnia

予約受付ページ:

https://hardenough.stores.jp/items/60ae068f0e24032bd2c81e67

related

【インタビュー】DYGL 『A Daze In A Haze』|とにかく良い音楽であればいい、シンプルで

このたびDYGLは、内省と音楽的冒険の季節をへて、これまでにないほどオープンで快活、ユーフォリックとさえいえるサウンドを手にした新作『A Daze In The Haze』を発表する。何はともあれまずは、制作の終盤にかけこみで完成させたという“Half of Me”を聴いてほしい。今いる環境に留まりたい気持ちをなんとか断ち切って、「次のところ」へと向かわんとするまさにその瞬間をレジュメした本ナンバーは、コロナ禍でなかなか聴くことの叶わなかったアップリフリティングな「ポップス」である。ノスタルジアに対する否定ではない、むしろ未練を残したような「half of me is still aching inside my head」というサビのラインに、時代精神のすべてが込められている。

Spincoasterによるイベント『SPIN.DISCOVERY』に田我流、釈迦坊主、(sic)boy、ZOMBIE-CHANG、DYGL、No Buses、Seiho、NTsKiなどが出演

「新しい音楽の発見」をテーマに、2014年から開催されてきたウェブメディアSpincoasterによるイベント『SPIN.DISCOVERY』が初のオールナイトで開催される。

DYGLが2年振りのニューアルバム『A Daze In A Haze』を7月に発表|リード曲 “Half of Me”を来週先行リリース

DYGLが2年振りの新作となる3rdアルバム『A Daze In A Haze』を7月7日(水)にリリースすることを発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。