新鋭プロデューサーVellar skinが1st EP 『Floating ribs』を今週リリース

Yeng SizやAOTOなどの新世代のラッパーのエンジニアも務めているプロデューサーのVellar skinが、7/17(土)に1st EP 『Floating ribs』をリリースする。

「死」に寄りかかったような感覚をインスピレーションに作られたEPは、誰にとっても疎遠ではない死が間近にあるという意識を音として作り上げた。

「死を体験した事はないけど、きっと僕の音楽みたいにとても美しいんだろうなと思います。だから美しい死を迎えられるように、美しい音楽をこれからも創造していきたい」

ビニール素材の物の美しさを表現した先行シングル"Vinyl resin"や、同郷のアーティストTaizo Oharaを客演に迎えた"500nanometre feat. Taizo Ohara"など5曲を収録している。

ジャケットは3DアーティストのRavi Rudra Singhが手がけており、ERRANTHによる"Reluctant death is not good"のMVも公開予定だ。

Info

Vellar skin – Floating ribs

Release date : 17 July 2021

Stream : https://linkco.re/UH4tbn0Z

Tracklist

1. Vinyl resin

2. Reluctant death is not good

3. Parasitism

4. 500nanometre(feat. Taizo Ohara)

5. Stupid forest

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。