現代の韓国文学の熱さを伝える書籍『韓国文学ガイドブック』がele-king booksから発売

K-POPやドラマ、映画などさまざまな形で韓国の現代カルチャーへの関心が高まる中、『82年生まれ、キム・ジヨン』の大ヒットやハン・ガンのアジア人として初のブッカー賞受賞など話題にのぼることが増えた韓国文学。翻訳の刊行点数もかつてなく増えているなか、『韓国文学ガイドブック』がele-king booksより6月23日に刊行された。

本書ではいま注目の作家25人をピックアップし、おすすめの作品と合わせて紹介。ほかにSF、ミステリ、詩、エッセイといったジャンル別作品紹介や韓国の歴史、地理、出版事情などといった周辺情報も掲載し、コンパクトかつ多角的に現代の韓国文学事情が紹介されている。「なにから読んだらいいかわからない」という読者にもうってつけの内容だ。

監修者の黒あんずのほか豪華な執筆陣による力の入った記事により、「おもしろい」だけでなく「いまの私たち」とともにある言葉として共感を集める韓国文学の熱さが伝わる一冊となっている。

Info

『韓国文学ガイドブック』

監修:黒あんず

執筆(50音順):アサノタカオ/石橋毅史/伊藤幸太/江南亜美子/小川たまか/菊池昌彦/権容奭(クォン・ヨンソク)/倉本さおり/柴崎友香/杉江松恋/すんみ/チョン・ソヨン/仲俣暁生/長瀬海/西森路代

刊行元:Pヴァイン / ele-king books

発行日:2021年6月23日 

本体 1,800円+税 

ISBN:978-4-909483-92-8

related

ギャングスタラップの主要アーティストやヒット曲、定番アルバムがひと目でわかる決定版ディスクガイド『ギャングスタ・ラップ ディスクガイド──ヒット・定番 600曲・600枚』が発売

今や世界中で最も聴かれ、影響力のある音楽となったギャングスタラップ。その主要アーティストとヒット曲、定番アルバムがひと目でわかるディスクガイド『ギャングスタ・ラップ ディスクガイド──ヒット・定番 600曲・600枚』がele-king booksから発売される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。