SPARTAが来週リリースするニューアルバム『兆し』の詳細を発表 | 鎮座DOPENESSやNEIなども参加

東京を拠点に活動するラッパーのSPARTAが、来週6/23(水)にリリースする3rdアルバム『兆し』の詳細を発表した。

新作には、先行シングルとしてリリースされた"Nostalgia feat. GO a.k.a. 男澤魔術"、"ありのまま"、"Jungle feat. anddy toy store"、"Stay Humble"など13曲を収録。前作発表以来、少しずつ変わっていっている自身を取り巻く環境。その中でも目線は変わらずに、自身や愛する家族、そして友人などについて歌いつつ、音楽的な表現は多様化し、今できることを出し切った作品となった。

客演には鎮座DOPENESS、GO a.k.a. 男澤魔術などの先輩から、anddy toy store、NEI、Denami TXと全国各地の仲間が参加。プロデューサーでは前作にも参加しているKM、No Beer TeamはそれぞれMar-DとMizukamiもソロでも参加しつつ、STUTS、JJJ、Areoも新たに楽曲を提供している。

また本日18時に先行シングル"Stay Humble"のビジュアライザーが公開。今後収録曲のビジュアライザーが毎週土曜日に公開されていく予定だ。

Info

  1. 俺たち (Prod by No Beer Team)
  2. 近づく (Prod by No Beer Team)
  3. 緑と青色 (Prod by No Beer Team)
  4. I Need Your Love feat. 鎮座DOPENESS (Prod by KM)
  5. Nostalgia feat. GO aka 男澤魔術 (Prod by STUTS)
  6. 飛べる feat. NEI (Prod by Mar-D (No Beer Team) )
  7. One by One (Prod by KM)
  8. Jungle feat. anddy toy store (Prod by Mizukami (No Beer Team))
  9. RUN feat, DENAMI TX
  10. ありのまま (Prod by JJJ)
  11. Stay Humble (Prod by KM)
  12. Beyonce (Prod by Areo)
  13. Stories (Prod by Areo)

Mixed by

Mitsuhiro Ueyama (Blue Factory) (Track 1, 2, 3, 6, 9, 12, 13)

KM (Track 4, 7, 11)

STUTS (Track 5)

D.O.I. for Daimonion Recordings (Track 8,10)

Mastering by

Tsubasa Yamazaki (Flugel Mastering)

Cover Photo by

Shunsuke Imai

https://linkco.re/rXhHYaNR

related

Diaspora skateboardsとJazzy SportによるPOP UPが今週末熊本で開催|熊本出身ラッパーSPARTAの凱旋ライブも

Diaspora skateboardsとJazzy SportによるPOP UPが、7月10日(土)と11日(日)の2日間熊本にて開催される。

Marfa by Kazuhiko FujitaによるPOP UPが開催 | SPARTA、『Erection』、Diaspora Skateboards、Nozle Graphicsなどと日替わりでコラボレーション

アーティストであるKazuhiko Fujitaがシルクスクリーンを駆使し、インディペンデントで独自な動きを展開するプライベートブランドMarfa by Kazuhiko Fujita。渋谷の不眠遊戯ライオンで、6/29(火)からコラボレーションプリントポップアップストアを開催する。

NEIがアルバム『NEYOND』から“SOFA”のMVを公開

注目のラッパーNEIが、昨年リリースのアルバム『NEYOND』から収録曲“SOFA”のミュージックビデオを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。