NTsKiが新曲“Misty”をリリース|MVも公開

多彩な表現と国内外様々なアーティストとのコラボレーションや楽曲提供で注目を集めるアーティストNTsKiが、新曲“Misty”を本日リリースした。

“Misty”は真夜中のクラブを中心に「私」と「僕」の思いが錯綜する様子が歌われた、オールドスクールトランスやレイヴのテイストを感じられるエレクトロニックダンスチューン。2人組ハードコアユニットRYOKO2000による、アンビエントやニューエイジのテイストも織り込まれたレイヴィーなリミックスも収録されている。アートワークはイギリスのアーティストProsper Unger-Hamiltonによるもの。

また、DJや3DCGを用いたVJなども行うアーティストのJACKSON Kakiが手がけたMVも公開された。

JACKSON Kakiは自身が手がけた“Misty”のMVについて次のようにコメントしている。

「仮想空間のアバターは、現実空間のアバター(私たち)によって操作される存在です。この映像は、現実空間から仮想空間の視点ではなく、仮想空間から現実空間を視る行為によって描かれる、バーチャルのクラブでの空間を捉えた映像になっています。本来であれば現実空間を軸に仮想空間の時間が設定され、操作され、アバターははじめて存在することができます。我々がアクセスすることによって、仮想空間は初めて定義づけられます。そのことを念頭に置き、アバターの存在について普遍的であるような時間軸と空間的な存在を観測する行為と、観測される行為としての媒介物であるモニターを通して仮想空間と現実空間を、視覚的に繋いでいます。」

Orange Milkの創設者でもあるKeith RankinによるプロジェクトGiant Clawのアルバム『Mirror Guide』への参加や、KMのアルバム『EVERYTHING INSIDE』への参加など、コラボレーション楽曲の発表が続いていたNTsKi。近々発表されるというビッグニュースにも注目したい。

Info

リリース情報:
NTsKi 『Misty』
Release Date:2021.6.9 (Wed.)
Label : Amino Acid

Track List :
Misty
Misty (RYOKO2000 Remix)

LISTEN : https://smarturl.it/misty-ntski

related

NTsKiがDYGLのYosuke ShimonakaとのセッションによるEartheater、Sadeのカバーを公開

NTsKiがDYGL Yosuke ShimonakaとのセッションによるEartheater、Sadeのカバーを公開

NTsKiがsteiプロデュースの新曲“Father”のMVを公開

多彩な表現と、国内外様々なアーティストとのコラボや楽曲提供で注目を集めるNTsKiが、先月配信リリースしたダブルタイトルシングル『Father / Divine』より、収録曲“Father”のミュージックビデオを公開した。

NTsKiがsteiがプロデュースしたヘヴーなニューシングル『Father / Divine』 をリリース

NTsKiがYosuke Shimonaka (DYGL) とコラボした"Heaven"以来となる、半年ぶりのニューシングル『Father / Divine』を本日11/18(水)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。