FNMNL編集部がチョイスする5月のベスト30曲

毎週更新されるFNMNLのSpootifyオフィシャルプレイリストの中から、月間のベストトラックを選出したプレイリストの5月編が本日公開となった。

今月はBaby KeemとTravis Scottのコラボ曲“drug activity”や、KM、JJJ、Campanellaの“Filter”などを収録。

さらにAUDREY NUNAのアルバム『a liquid breakfast』から“Blossom”や、OMSBの新作EP『MONKEY』から“Naruhodo”、Erika de Casierの新作『Sensational』から“Busy”、Daichi Yamamotoの新作『WHITECUBE』からの先行シングル”maybe”など、注目の30曲をセレクトした。なお、収録曲の順番はアーティスト名のA〜Z順に従っている。

Info

Tracklist

  1. 21 Savage - Emergency (feat. Gunna & Young Thug)
  2. AG Club - QUESO
  3. AUDREY NUNA - Blossom
  4. Baby Keem - durag activity (with Travis Scott)
  5. Cwondo - Birdwatching
  6. Daichi Yamamoto - maybe
  7. Don Toliver - What You Need
  8. Erika de Casier - Busy
  9. gummyboy - Woo Wee
  10. homare lanka - Ⅲ MY SLF
  11. Jorja Smith - Bussdown (feat. Shaybo)
  12. KM - Distortion (feat. 田我流)
  13. KM - Filter (feat. JJJ & Campanella)
  14. kZm - 叫悲
  15. Little Simz - Woman
  16. LoveLeo - TUNG TIED (feat. Rico Nasty)
  17. MANON - GALCHAN MODE
  18. Mudd the student - Off Road Jam
  19. Mustafa - Capo
  20. OMSB - Naruhodo
  21. Only U - Hyperpop Star
  22. Paris Texas - PACK 4 DA LOW
  23. PICNIC YOU - HYPERENOUGHIMPOTENTZ
  24. Pi’erre Bourne - Groceries
  25. REI AMI - F.R.A.
  26. SPARTA - Jungle
  27. Tim Pepperoni - NERVOUS MODE
  28. Yung Kayo - bstroy socks
  29. 박혜진 Park Hye Jin - Y DON'T U
  30. Skrillex - Butterflies (with Starrah & Four Tet)

related

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

FNMNL編集部がチョイスする6月のベスト30曲

毎週更新されるFNMNLのSpootifyオフィシャルプレイリストの中から、月間のベストトラックを選出したプレイリストの6月編が本日公開。

Spotify × FNMNLオフィシャルプレイリスト Vol.207|STUTS、Tyler, The Creator、H.E.R.など全80曲を更新

世界最大の音楽ストリーミングサービスSpotifyで展開中のFNMNLによるオフィシャルプレイリスト。全80曲中、毎週リリースされる新譜から編集部がラップなどを中心にピックアップした35曲を追加し、毎週木曜に更新。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。