釈迦坊主が1年4ヶ月ぶりのニューシングル"loess"をリリース

独自の世界観と多彩な音像、そして多様な価値観に寄り添うリリックで10-20代を中心に大きな支持を集めてきたラッパーの釈迦坊主が、1年4ヶ月ぶりとなるニューシングル"loess"(読み方:レス/意味:黄土)を本日6/2(水)にリリースした。

主催イベント『TOKIO SHAMAN』でのジャンルレス/ボーダーレスなセンスでもシーンをリードする釈迦坊主。前作"DRAGON"から実に1年4ヶ月ぶりとなる単独名義の新曲"loess"は、新たな音像と共に、内情を吐露した詞世界を聞かせる新境地な1曲となっている。今後の展開にも注目が集まる。

Info

Artist:釈迦坊主
Title:loess
Label:TOKIO SHAMAN RECORDS

Format:Digital only
length: 3:19
No:TKSM-001
Release date:6/2 0:00 配信開始

配信リンク:https://shakabose.lnk.to/loesspage2image63738176page2image63746624

related

Kaine dot Coが釈迦坊主とDogwoodsを迎えた新曲"Circulate"をリリース

映像ディレクターのSpikey Johnが主宰するレーベルNHOJYEKIPSから、Kaine dot Coの新曲"Circulate"が本日8/24(火)にリリースされた。

釈迦坊主が2nd EP『RYO』を本日リリース

釈迦坊主が2nd EP『RYO』を本日8月11日にリリースした。

釈迦坊主が2nd EP『RYO』を来週リリース

6月に1年4ヶ月ぶりの新曲"loess"をリリースして以降、精力的な活動を行ってきた釈迦坊主が、2nd EP『RYO』を来週8/11(水)にリリースすると発表した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。