No Busesの2ndアルバム『No Buses』が来月リリース

No Busesの1年9ヶ月ぶりとなる待望の2ndアルバム『No Buses』が6月23日にリリースされることが決定した。

今作『No Buses』は前作に引き続きプロデューサーに岩本岳士を迎え、個と多様性の時代に日本で生きている今の感覚、そして日本の音楽の影響も散りばめ、内向的な意識でバンドで偶発的、実験的にアレンジを練り作り上げた、セルフタイトルの自信作となる。

また、今作よりサポートメンバーの和田晴貴が正式にメンバーとして加入している。

Info

No Buses

タイトル:「No Buses」

発売日:2021年6月23日(水)

価格:\2,500+消費税

品番:UXCL-256

収録曲

1. Preparing

2. Number Four or Five

3. Very Lucky

4. Alpena

5. Surprised

6. Not Healthy

7. Mate

8. Having a Headache

9. Yellow Card

10. Biomega

11. Playground

12. Imagine Siblings

作詞:近藤大彗 / 作曲・編曲:No Buses

related

No Busesが新曲“Rubbish:)”を来週リリース

No Busesが新曲“Rubbish:)”を3月9日にリリースする。

【鼎談】BIM × 櫻木大悟 (D.A.N.) × 近藤大彗 (No Buses) | 『エレクション大作戦』を前に

)、数度の開催延期を経て、BIM、D.A.N.、No Busesのスリーマン・ライブ『BIM × D.A.N. × No Buses -エレクション大作戦-』が東京は渋谷のSpotify O-EASTにていよいよ開催の運びに

『BIM x D.A.N. x No Buses – エレクション大作戦 – 』の振替公演が来月開催

延期を重ねてきたBIMとD.A.N. 、No Busesによる3マンイベント『BIM x D.A.N. x No Buses – エレクション大作戦 – 』の振替公演が、12/29(水)にTSUTAYA O-EASTにて開催されることが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。