シンガーソングライターMOMO “mocha”N.と演出家の鈴木思案によるユニットCity Cyndromeが1stシングル“いれもの”をリリース

三浦大知、安室奈美恵など数多くのアーティストの歌詞を手掛けてきた作詞家・シンガーソングライターMOMO “mocha”N.と、映像演出を担当する演出家の鈴木思案によるユニットCity Cyndromeが1stシングル“いれもの”をリリース、MVも公開した。

“いれもの”はMOMO “mocha”N.がボーカルを務め、作曲をU-Key zone、映像演出を鈴木思案が担当。メンタルヘルスやアイデンティティをテーマに、「この身体 実はただのいれもの」と歌うチャーミングでひねりの効いた視点が印象的なポップソングとなっている。身体の不安定な距離感を当然のものとして肯定する、不思議なポジティブさが漂った内容だ。

MVはウサギの被り物を身につけたダンサーYUKINAがダイナミックなダンスで楽曲のテーマを表現し、リアリティとシュールさの間を彷徨うような作品に仕上がっている。

Info

City Cyndrome 『いれもの』

Streaming/Downlnad :https://linkk.la/CityCyndrome_Iremono

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。