新世代ヒップホップユニットPICNICYOUが1stミックステープ『HYPERENOUGHIMPOTENTZ』をリリース

美術作家WAYNE-BEAU(田嶋周造)と山形のノイズバンド「跡地」のメンバーkeitsachlichによって結成され、昨年9月にリリースされたシングル“REALGOLDSPYRITUS”も注目を集めた新世代ヒップホップユニットPICNICYOUが、これまでライブで披露された楽曲などをまとめたミックステープ『HYPERENOUGHIMPOTENTZ』を5月15日(土)にリリースする。

今作は昨年末に行われたAVYSSのクロージングパーティーや幡ヶ谷Forestlimitのパーティ『K/A/T/O MASSACRE』への2度の出演などで発表してきた楽曲を、5月15日のDOMMUNEへのライブ出演を機にまとめたミックステープとなる。

また、収録曲“HYPERENOUGHIMPOTENTZ”のMVもリリースと同日に公開予定となっている。

楽曲のプロデュースは全曲をメンバーの田嶋周造が手がけている。

これらの楽曲は、Maher Shalal Hash Bazのようなバンドがやりたいと言って集めたメンバーと話しているうちに「D'Angeloの『Voodoo』を全盛期のfugaziが演奏したら」という妄想が膨らみ、じゃがたらやフィッシュマンズのような音楽性を志したものの頓挫、その結果ラップをするという選択をした我々の初期からの活動を総括するものとなっており、実存とスピリチュアルの狭間というテーマが通底した作品集となっています。昨年9月にヴァーチャル空間を活用したMVを出した“REALGOLDSPYRITUS”から未発表音源まで個性豊かな7曲となっています。

Info

PICNIC YOU 1st mixtape『HYPERENOUGHIMPOTENTZ』

2021年5月15日サブスク配信開始

曲目

1.visible boy

2.HYPERENOUGHIMPOTENTZ

3.宇宙

4.不思議な気持ち

5.love is love

6.REALGOLDSPIRYTUS

7.最上階

全7曲

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。