京都発の新レーベルPAL.Soundsが始動|レーベルコンピレーション『PAL.Sounds1』をリリース

京都を拠点に活動するDJ、プロデューサーのE.O.U、Keiju、ktskm、Visが新レーベルPAL.Soundsを始動。レーベルメンバーらによるコンピレーションアルバム『PAL.Sounds1』が本日リリースされた。

PAL.Soundsは、自然環境、社会的関係、人間の精神という3つのエコロジーを根拠とする。ダンスに焦点が当てられた『PAL.Sounds1』は、今後のレーベルの指針を示す一枚に仕上がっている。 

また5月1日には京都West Harlemにて、ローンチパーティ『Ground』が開催。レーベルメンバーらに加えてabentis、Gunilla、Lomaxが出演する。

Info

『PAL.Sounds1』

1, Keiju - Liquid Talk
2, ktskm - On F 
3, E.O.U - Poppin' Solo
4, Vis - Moon

Bandcamp: https://palsoundsjp.bandcamp.com/album/pal-sounds1-pal000

PAL.Sounds Launch Party 
‘Ground’5/1(Sat)
15:00-
¥2.000(inc.1d)
@West Harlem Kyotoabentis
Gunilla
Lomax
E.O.U -Hybrid Set-
Kross Section(Keiju B2B ktskm)
Vis

Resident Advisor:
https://ra.co/events/1441025

related

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。