フランス映画界の巨匠フランソワ・オゾンの最新作『Summer of 85』が8月に全国公開

世界三大映画祭の常連にして、世界中から新作を待ち望まれているフランス映画界の巨匠フランソワ・オゾンの最新作『Summer of 85』が、8月20日(金)より全国公開となる。

1985年夏のフランス。進路に悩む16歳の少年アレックスは、今日もひとり波に揺られ、あてもない日々を過ごしていた。ある日、突然の嵐に見舞われ転覆した彼の命を救ったのは、18歳のダヴィド。アレックスにとって、ダヴィドは眩いほど自然体で自信に満ちた魅力に溢れていた。運命的に出会った2人は急速に惹かれ合い、友情を超えやがて恋愛感情で結ばれる。これが、アレックスの初めての恋だった。

予告編では、THE CUREの名曲“In Between Days”に合わせて、アレックスが初めて抱く、ダヴィドへの破裂しそうなほどの恋の衝動が映し出される。ノスタルジックな雰囲気漂うフィルムによる撮影で美しく切り取られた、色鮮やかな青春の数々。しかし、そんな幸せな日々も長くは続かなかった。愛すれば愛するほどに湧き上がる満たされない気持ち。「ほんの一瞬も離れたくない」と願うアレックスを待ち受けていたのは、不慮の事故によるダヴィドとの突然の別れだった。

第73回カンヌ国際映画祭でオフィシャルセレクションに選出され、第15回ローマ国際映画祭で観客賞を受賞するなど多くの映画人を魅了してきた本作。原作は英作家エイダン・チェンバーズが1982年に発表した青春小説の金字塔『Dance on my Grave』(おれの墓で踊れ/徳間書店)であり、17歳で本小説と出会い感銘を受けたオゾンが約35年の時を経て映像化。当時の感情を投影しながら、誰しもに訪れる初恋の衝動を圧巻の映像美と巧みな演出で表現している。

キャストは、いずれもオゾンがオーディションで見出した注目の新鋭フェリックス・ルフェーヴル(アレックス役)とバンジャマン・ヴォワザン(ダヴィド役)。フレッシュな才能が光る彼らの繊細な演技も必見だ。

併せて解禁された第一弾ビジュアルは、永遠の別れが訪れることなど知る由もないアレックスが、ダヴィドとの愛を噛みしめるように頬を寄せる姿が描かれている。

「あの夏の君を、心に刻んだ」というコピーに込められた、アレックスの儚い感情。刹那の恋の終わりを感じさせる、エモーショナルな仕上がりになっている。

Info

Summer of 85

8月20日(金)より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町、Bunkamuraル・シネマほか全国順次公開

監督・脚本:フランソワ・オゾン

出演:フェリックス・ルフェーヴル、バンジャマン・ヴォワザン、ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ、メルヴィル・プポー

配給:フラッグ、クロックワークス 

公式サイト:summer85.jp

【PG-12】

原題:Ete 85/英題:Summer of 85 

公式Twitter/Instagram:@summer85movie

© 2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

related

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。