(sic)boyがKMフルプロデュースの2nd EP『social phobia』をリリース|タイトル曲のMVも同時公開

(sic)boyが昨年10月リリースの1stアルバム『CHAOS TAPE』以来となる2nd EP『social phobia』を本日リリースした。

アンダーグラウンドからオーバーグラウンドまでマルチな活躍を見せ、今や話題の絶えない(sic)boy。『social phobia』は前作に引き続きKMがフルプロデュースを担当し、 先行配信された“爆撃機”に加え、 ニュージャンルを感じる衝撃的なリード楽曲 “social phobia”を含む全4曲が収録されている。

また、“social phobia”のMVも同時公開。こちらも合わせてチェックして欲しい。

Info

■アーティスト名 : (sic)boy

■アルバム名 : social phobia

■発売: 2021年4月21日(水) 0:00

■レーベル : add. some labels

■収録曲

1. 爆撃機 (Prod.KM)

2.GAMEOVER!! (Prod.KM)

3.city flow (Prod.KM)

4.social phobia (Prod.KM)

related

Spincoasterによるイベント『SPIN.DISCOVERY』に田我流、釈迦坊主、(sic)boy、ZOMBIE-CHANG、DYGL、No Buses、Seiho、NTsKiなどが出演

「新しい音楽の発見」をテーマに、2014年から開催されてきたウェブメディアSpincoasterによるイベント『SPIN.DISCOVERY』が初のオールナイトで開催される。

KMが2ndアルバム『EVERYTHING INSIDE』をリリース| Daichi Yamamoto、(sic)boy、LEX、JJJ & Campanella、SPARTAなどが参加した上半期の重要作

上半期だけでも多くのヒット曲を輩出し、自身のスタイルを追求するプロデューサーのKMが、2ndアルバム『EVERYTHING INSIDE』を本日6/9(水)にリリースした。

【特集】みんなのセルフケア:前編|RIRI、(sic)boy、TENDRE

アーティストが実際にセルフケアとして愛用しているアイテムと、普段持ち歩いているものをインタビューを通して紹介していく。前編では、RIRI、(sic)boyが登場。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。