Jorja Smithが新作『BE RIGHT BACK』をアナウンス|先行シングル“Gone”が公開

UKのシンガーソングライターJorja Smithが8曲入りの新プロジェクト『Be Right Back』を5月14日にリリースすることを発表、合わせてニューシングル“Gone”を公開した。

『Be Right Back』は、2019年にリリースしたデビューアルバム『Lost & Found』以来のアルバム。Jorja Smithのキャリアの中で最も感情的で想像力に富んだ楽曲が集められ、収録曲は多様性を保ちながらも、作品としての強い結束力を兼ね備えている。彼女自身は今作について「タイトルを『Be Right Back』にした理由としては、これらの曲を今、ファンのみんなに届けたいから。これはアルバムではないし、収録されているこれらの曲はアルバムには収録できない。でも私が作る必要があると感じた曲は、誰かに聴いてもらいたい。」と説明している。

アルバムのアナウンスに合わせてリリースされた“Gone”は、3月にリリースされた“Addicted”に続くシングル。本楽曲については「一つのことについて書いた曲が、聴く人によって捉え方が無限にあることがとても特別だと感じる。この曲や、他の楽曲でもそうだけど、聴く人が人生で経験してきたことによって曲の意味が全く変わってくることが大好き。今回“Gone”では、なぜ私たちの身近な人たちがいなくなってしまうのか、を問いかけている。」と語られている。

『Be Right Back』には他にも南ロンドン出身のラッパーShayboをフィーチャーする“Bussdown”を含む合計8曲が収録されている。

Info

Jorja Smith – 『Be Right Back』

1. Addicted
2. Gone
3. Bussdown (feat. Shaybo)
4. Time
5. Home
6. Burn
7. Digging
8. Weekend

related

Jorja Smithがニューシングル"Addicted"をリリース

UKのトップシンガーソングライターのJorja Smithが、ニューシングル"Addicted"をリリースしている。

Summer Sonicで来日するJorja Smithのサイン会がタワーレコード渋谷店で開催決定

デビューアルバム『Lost & Found』が大きな話題となっている中で、Summer Sonicでの来日も決定しているJorja Smith。

SUMMER SONIC出演も話題のJorja Smithが6月にデビューアルバムをリリース

イギリスのシンガーで本年度の『BRIT Awards 2018』にて、最も活躍が期待される新人アーティストに贈られる"BRITs Critics' Choice 2018"を受賞したJorja Smithが、デビューアルバム『Lost & Found』を6月にリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。