注目ラッパーREAL-Tがアンダーグラウンドライフを綴った1stアルバム『業界』をリリースへ

大阪・生野区出身のラッパーのREAL-Tが、1stアルバム『業界』を4/23(金)にリリースする。

2019年に活動を開始したREAL-Tは、地元である「今里新地」の生活で培った情景描写のリアルさと、強烈なパンチラインで話題となる。このアルバムは、楽曲の歌詞通りのアンダーグラウンドライフにはトラブルが絶えない中の、残された時間で制作された。

プロデューサーは盟友であるFEZBEATZとShogo Itohが担当、客演には地元大阪よりRed Eyeが参加。独自のスラングや隠語などを多用て裏社会をエンターテイメントに昇華させた世界観を作り上げた。

Info

REAL-T 1st ALBUM「業界」

2021.4.23 リリース(予定)

1.REAL業界 - Prod.REAL-T

2.SECRET LIFE - Prod.FEZBEATZ

3.SLANG - Prod.FEZBEATZ

4.SPOKES PERSON - Prod.FEZBEATZ

5.勘繰り関係 - Prod.FEZBEATZ

6.SERENA - Prod.FEZBEATZ

7.ZIDAN ZIDAN - Prod.Shogo Itoh

8.LAST MAN STANDING  feat. RED EYE - Prod.FEZBEATZ

Mix & Master - Sota Furugen

Art Work - Masato Ueda

Copyright © 2021 KIM PRODUCTION All Rights Reserved.

related

Jin DoggがREAL-Tをフィーチャーした"街風"のミュージックビデオを公開

Jin Doggが同郷・大阪のラッパーREAL-Tをフィーチャーした"街風"のミュージックビデオを公開した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。