SWANKY SWIPEのロングスリーブTシャツとBESのニットキャップが完全受注生産で発売|BES、ISSUGI、仙人掌がLOOKのモデルを担当

SCARS、SWANKY SWIPEとしての活動やソロで数々のクラシックをリリースし、近年ではISSUGIとのジョイントプロジェクトやI-DeAとのコラボによるミックス『BES ILL LOUNGE Part 3 - Mixed by I-DeA』のリリースも話題のBES。そのSWANKY SWIPEのロングスリーブTシャツとBESのニットキャップが完全受注生産で発売される。

ロングスリーブTシャツはSWANKY SWIPEのロゴを右腕に、2006年にリリースされたSWANKY SWIPEの名盤『Bunks Marmalade』のロゴを左胸に、そして背中にはBES、SWANKY SWIPEファンにはお馴染みのロゴが大きく入れられており、ボディはGILDAN 2400 Ultra Cotton 6.0 oz Long Sleeve T-Shirtを使用。カラーはブラック、グレー、ネイビー、ホワイトの4パターンでS~XXLサイズが発売。

ニットキャップはBESの手による新たなタグを正面右寄りにいれており、ボディはBAYSIDE Knit Cuff Beanieを使用。カラーはブラック、グレー、ネイビー、グリーン、レッドの5パターンが発売となる。

本日4/8(木)からP-VINE OFFICIAL SHOPのみの完全限定生産での予約受付となり、受注期間は4/23(金)正午まで、発送は5月下旬頃を予定。オーダーした方にはロングスリーブTシャツとニットキャップそれぞれのデザインのステッカーが特典として付属する。

LookのモデルはBESが準優勝を飾った『UMB 2007 GRAND CHAMPIONSHIP』で揃い踏みしたBES、ISSUGI、仙人掌が担当。撮影はBESにとって馴染み深い東京中野区のスケートボードショップFATBROSにて行なわれている。

Info

*SWANKY SWIPE ロングスリーブTシャツ / BES ニットキャップ 販売サイト
https://anywherestore.p-vine.jp/pages/swankyswipe-longt-bes-knitcap

related

SWANKY SWIPEの“Bunks Marmalade”と"愚痴か?否か?"、BESの"The Process"と"How How High"の7インチが2タイトル同時リリース

BESが率いた伝説的グループSWANKY SWIPEの2006年にリリースされた名盤『Bunks Marmalade』から、今でもBESがライブで披露している名曲"Bunks Marmalade"が完全限定プレスの7インチでリリースされる。B面にはBESのラップスキルの高さを世に知らしめたBACH LOGICプロデュースの名曲"愚痴か?否か?"がカップリングで収録。

SWANKY SWIPEのポケットTシャツとBESのロゴTシャツが完全受注生産で発売

BESがSWANKY SWIPEのロゴを用いたポケットTシャツと、自身のロゴTシャツを完全受注生産で発売する。

BESとISSUGIによるジョイントアルバム第2弾『Purple Ability』が2枚組の完全限定プレスでアナログリリース

SCARS、SWANKY SWIPEとしての活動でも知られ、 I-DeAとのコラボによるミックス『BES ILL LOUNGE Part 3 - Mixed by I-DeA』のリリースも話題のBESと、『GEMZ』や『GEMZ INSTRUMENTAL』の各アナログ盤や2枚組CD『BEATS FOR GEMZ』などリリースが続くISSUGI。この両者のコラボで昨年7月にリリースされたジョイントアルバム第2弾『Purple Ability』が、2枚組の完全限定プレスでアナログリリースされる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。