る鹿が"空洞です"カバーに続き真島昌利が手掛けた新曲"遠い声"をリリース

自身でファッションブランドDEERTRIPも手がけるなど多彩な活動を行う人気モデルのる鹿。話題となった"空洞です"のカバーに続き、新曲"遠い声"を7インチでリリースする。

真島昌利が作詞・作曲を手掛けた新曲は、前作に引き続き、石井マサユキ(TICA/Gabby&Lopez/ex-The Chang)がアレンジ、サウンドプロデュース、ギターを担当したほか、鈴木正人(LITTLE CREATURES)がベース、大野由美子(Buffalo Daughter)がシンセサイザー、ASA-CHANGがドラムで参加。レコーディングとミックス、マスタリングはZAKが担当している。

彼女の澄んだ歌声と、フォーキーでノスタルジックなメロディ、浮遊感溢れる繊細なアレンジとタイトなバンド・サウンドが絶妙にマッチした"遠い声(Japanese)"と"遠い声(Chinese)"の2バージョンを収録する。

Info

る鹿『遠い声』 (7")
発売日:2021年7月上旬予定
価格:1,800円+税

レーベル:CONNEXTONE (Victor Entertainment) / JET SET
品番:JS7S304
形態:7"
収録曲:SIDE A
1. 遠い声 (Japanese)

SIDE B
1. 遠い声 (Chinese)
■JET SET Online Shopにて予約受付中(3月31日(水)12時よりリンク有効となります。)     https://www.jetsetrecords.net/i/816005888389/

related

人気モデルのる鹿がゆらゆら帝国の"空洞です"をカバーした12インチをリリース | 山本精一によるリアレンジバージョンも収録

自身のファッションブランドDEERTRIPのディレクターを務め、様々なMVやCMにも多数出演する人気モデルのる鹿が、ゆらゆら帝国の"空洞です"をカバーした12インチをリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。