Tsudio Studio、SNJO、HiRO.JPによるプロデューサーユニット光学が辻林美穂をフィーチャーした2nd EP『Opto2:辻林美穂』をリリース

Tsudio Studio、SNJO、HiRO.JPによるプロデューサーユニット光学が、4/2(金)に2nd EP『Opto2:辻林美穂』をリリースする。

2019年末に発表したファーストフルアルバム『Soda Resort Journey』が話題を呼ぶ神戸の作曲家、トラックメイカーのTsudio Studioと、アルバム『未開の惑星』(2018年)と『Diamond』(2019年)、AR三兄弟の企画「有事のテクノコント」の主題歌“Up”で注目を集める京都のプロデューサーSNJO、そしてサンフランシスコのレーベルLips & Rhythmから2020年8月に発表した『Charming EP』が話題のブギー、ファンク作家HiRO.JPという、いずれも島根・出雲のレーベルLocal Visionsより作品をリリースする3名から成る光学。

ユニットの2作目となる『Opto2:辻林美穂』はTsudio Studio、SNJO、HiRO.JPの3人がそれぞれプロデュースした楽曲を含め全5曲を収録、「逃避行」をテーマに異国情緒豊かなラテンポップミュージックを展開する。

今回、光学がゲストとして招いた辻林美穂は昭和音楽大学作曲学科を卒業し、2014年にRADIO SAKAMOTO AUDITION、tofubeatsのラジオ等で作品がオンエアされたことをきっかけに、アーティスト活動を開始。ソロ活動の他に2017年にバンド「ふたりの文学」にも参加。作詞編曲家・ボーカリストとして楽曲提供やクライアントワークも盛んに行なっている。

今作はSpotifyやApple Musicといったストリーミングサービスでの配信のほか、Bandcampでも販売。Bandcampでは数量限定で光学ロゴが入った携帯双眼鏡や光学ロゴとジャケットのデザインのステッカー二枚がセットになったアイテムも販売される。

光学は今後も1作品ごとに異なるヴォーカリストを招いて作品をリリースしていく予定とのこと。どんなシンガーとコラボレーションするのか、これからの活動にも期待が高まる。

Info

アーティスト名:光学

作品名:Opto2:辻林美穂

レーベル:Koh-Gaku

リリース番号:OPTO-002

リリース日:2021年4月2日(金)

フォーマット:各種音楽ストリーミング・サービスでの配信、Bandcampでの販売

Bandcampリンク:https://koh-gaku.bandcamp.com/releases

販売価格:500円

【Tracklist】

01. Lens

02. 周回軌道まで (prod by SNJO)

03. You (prod by Tsudio Studio)

04. ゆらめく (prod by HiRO.JP)

05. Terminal

【物販情報】

光学のBandcampでは数量限定で光学ロゴが入った携帯双眼鏡と光学ロゴとジャケットのデザインのステッカー二枚がセットになったアイテムも販売

https://koh-gaku.bandcamp.com/releases

related

Tsudio Studio、SNJO、HiRO.JPによるプロデューサーユニット光学がNeibissをフィーチャーした3rd EP『Opto3: Neibiss』をリリース

Tsudio Studio、SNJO、HiRO.JPによるプロデューサーユニット光学が、2021年9月3日(金)に3rd EP『Opto3: Neibiss』をリリースする。

Tsudio Studio、SNJO、HiRO.JPがプロデューサーユニット光学を結成|NECO ASOBIの高野ユニコを招いた1stEP『Opto1:高野ユニコ』をリリース

Tsudio Studio、SNJO、HiRO.JPによるプロデューサーユニット光学が、2020年12月5日(土)にデビューEP『Opto1:高野ユニコ』をリリースする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。