Neibissが新曲"カメレオン"をリリース

トラックメイカー/DJ/ラッパーのkaisei改めratiffと、ラッパーhyunis1000からなる神戸の新鋭ヒップホップクルーNeibissが新曲"カメレオン"をリリースした。

当楽曲は、変幻自在に姿を変えることが出来るカメレオンからヒントを得て、人間の様々な場面や感情の変化をテーマに制作されている。浮遊感のあるトラックに、Neibissのゆったりとしたフロウが心地良い一曲だ。アートワークはNeibissのratiffが手がけている。

Info

Neibiss - "カメレオン"

配信リンク:https://linkco.re/4c8nsMcT

related

Neibissがファーストアルバム『HELLO NEIBISS』より"Thema"のMVを公開

トラックメイカー/DJ/ラッパーのkaiseiと、ラッパーのhyunis1000からなる神戸の新鋭ヒップホップクルーNeibissの、6月にリリースされたファーストアルバム『HELLO NEIBISS』より、リード曲"Thema"のMVを公開した。  kaiseiプロデュースの当楽曲は、ゲーム...

神戸の新鋭ヒップホップクルーNeibissがファーストアルバム『HELLO NEIBISS』を来週リリース

トラックメイカー/DJ/ラッパーのkaiseiと、ラッパーのhyunis1000からなる神戸の新鋭ヒップホップクルーNeibissが、ファーストアルバム『HELLO NEIBISS』を6月10日(水)にリリースする。 当アルバムは、先行でシングルリリースされていた"Heaven"と"feel ...

神戸のOtohatobaによる新レーベルからTsudio StudioとNeibissによるコラボ7インチがリリース

兵庫・神戸の音楽交流バーOtohatobaによる新レーベルHOOK RECORDSから、1stリリースとして神戸の新進気鋭の2組による7インチシングルが7月に発表となる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。