BESとBIMのコラボ曲"Make so happy"のミュージックビデオが公開

BESとI-DeAのジョイントミックステープ『BES ILL LOUNGE Part 3 - Mixed by I-DeA』から、BIMとのコラボ曲"Make so happy"のミュージックビデオが公開された。

ミュージックビデオは渡邉剛太が監督を務めた、楽曲のピースフルなテイストに合わせた仕上がりに。BESとBIMだけでなくI-DeAやプロデュースを担当したビートメイカー、K.E.Mもカメオ出演しており、ビデオの最後には嬉しいメイキングシーンも。

また"Make so happy"のシングルがインスト付きでリリースとなり、アナログ盤『BES ILL LOUNGE Part 3 - EP』も完全限定プレスで本日発売となった。

アナログ盤にはBIMの他にB.D.、D.D.S & MULBE、MEGA-Gとの各コラボによる新曲計4曲とその全インストヴァージョンがコンパイルされている。

Info

アーティスト:BES
タイトル:Make so happy feat. BIM
レーベル:P-VINE, Inc.
発売日:2021年2月26日(金)
仕様:デジタル・シングル
Stream/Download:
https://smarturl.it/bes_makesohappy


アーティスト:BES
タイトル:BES ILL LOUNGE Part 3 - EP
レーベル:P-VINE, Inc.
発売日:2021年2月26日(金)
品番:P12-6776
仕様:レコード(完全限定プレス)
税抜販売価格:2,800円

<トラックリスト>
Side-A
1 SWS feat. D.D.S & MULBE
  Prod by DJ SCRATCH NICE
2 美学、こだわり feat. MEGA-G
  Prod by BES & I-DeA
3 Make so happy feat. BIM
  Prod by K.E.M
4 表裏一体 feat. B.D.
  Prod by DJ SCRATCH NICE

Side-B
1 SWS (Instrumental)
  Prod by DJ SCRATCH NICE
2 美学、こだわり (Instrumental)
  Prod by BES & I-DeA
3 Make so happy (Instrumental)
  Prod by K.E.M
4 表裏一体 (Instrumental)
  Prod by DJ SCRATCH NICE

related

Spotifyが日本のヒップホップにフォーカスした新たなプレイリスト『+81 Connect』を公開 | Awich、BIM、Daichi Yamamoto、KM、Leon Fanourakis、LEXなどをアンバサダーに起用

Spotifyが5年間にわたり日本のヒップホップシーンの今を切り取ってきたプレイリスト『New Era: J-Hip-Hop』をリブランディングした新しいプレイリスト『+81 Connect』を公開した。

SWANKY SWIPEの“Bunks Marmalade”と"愚痴か?否か?"、BESの"The Process"と"How How High"の7インチが2タイトル同時リリース

BESが率いた伝説的グループSWANKY SWIPEの2006年にリリースされた名盤『Bunks Marmalade』から、今でもBESがライブで披露している名曲"Bunks Marmalade"が完全限定プレスの7インチでリリースされる。B面にはBESのラップスキルの高さを世に知らしめたBACH LOGICプロデュースの名曲"愚痴か?否か?"がカップリングで収録。

【イベントレポート】FORUM SESSIONS supported by SPACE SHOWER TV|CreativeDrugStore、なきごと、KUZIRA、アサノソラ

adidas OriginalsがスニーカーFORUMキャンペーンの新プログラムとして、音楽ライブ配信企画『FORUM SESSIONS supported by SPACE SHOWER TV』を8月12日(木)、15日(日)に開催した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。