C.Eのカセットテープシリーズにラップフリークが敬愛するヒップホップジャーナリストNozが登場

C.Eと親交のあるアーティストやDJなどが登場するカセットテープシリーズの最新作としてベテランヒップホップジャーナリスト、ライターとして知られるNozことAndrew Nosnitsky(アンドリュー・ノスニツキー)が登場する。

今年2作目、通算24本目となるカセットテープシリーズ。Nozはオークランドをベースとするジャーナリスト、ライターで、毎年末に自身のblogに掲載される年間ベストラップリストは、うるさ型のラップフリークも納得してしまうという信頼度を誇っている。

国内では知名度はないものの、本国では厚い信頼と実績を誇る彼がC.Eのテープにセレクトしたものとは?音源はC.Eのウェブサイトで視聴も可能で、テープはC.Eのストアで販売中だ。

Info

Andrew Nosnitsky
フォーマット:カセットテープ

収録音源時間:約60分(片面約30分)

発売日:発売中

販売場所:C.E

〒107-0062 東京都港区南青山5-3-10 From 1st 201#201 From 1st Building, 5-3-10 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo, Japan 107-0062

問合せ先:C.E www.cavempt.com

related

C.EからLemnaによるライブレコーディングを収録したカセットが発売

栃木を拠点に活動するMaiko OkimotoによるユニットLemnaのライブレコーディングを収録した作品が、C.Eからカセットで発売される。

Joy Orbisonのミックステープ『still slipping vol.1』のリリースを記念してC.Eが手がけたマーチャンダイズが販売

Joy Orbisonがリリースするキャリア初となるフルレングス作品『still slipping vol.1』。今作に合わせC.Eが手掛けたマーチャンダイズが発売となる。

C.EからGhost Lemurs Of Madagascarのライブレコーディングを収めたカセットテープが発売

C.Eが独自の視点でリリースし続けるカセットテープシリーズに、イタリア・ミラノのレーベルHaunter Recordsから作品を発表しているユニットGhost Lemurs Of Madagascarが登場した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。