森山大道のドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』の上映に関連した写真展が開催

4/30(金)に公開となる写真家の森山大道のドキュメンタリー映画『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』の上映に関連した写真展が東京工芸大学写大ギャラリーで3/22(月)から開催される。

映画内では、森山のデビュー作『にっぽん劇場写真帖』(1968年)復刊プロジェクトが描かれるが、まさにその『にっぽん劇場写真帖』からの作品や、写真集『狩人』(1972年)、カメラ雑誌、個人誌「記録」などに発表されたもの、さらに未発表のプリントも今回の展示に含まれている。

「にっぽん劇場写真帖」ショウの底辺

「日本三景その2」安芸の宮島

「provoke 第3号」

また展示の開催に合わせ本展示開催にあわせ、『森山大道写真集成⑤ 1960-1982 東京工芸大学 写大ギャラリー アーカイヴ』 (月曜社)が発刊される。写大ギャラリーに収蔵されているすべての森山作品と詳細な作品リストが掲載となる。

「狩人」暁の1号線

「記録 第2号」

Info

■森山大道 写真展「衝撃的、たわむれ」 写大ギャラリー森山大道アーカイヴより 

●日時:2021年3月22日(月)~2021年5月31日(月) 日曜日休館  (月~土)10:00 ~18:00 ※開館時間についてはホームページをご参照ください。
●会場:東京工芸大学写大ギャラリー http://www.shadai.t-kougei.ac.jp/ 〒164-8678 中野区本町 2-4-7 5 号館(芸術情報館)2F TEL 03-3372-1321(代) 地下鉄丸ノ内線/大江戸線「中野坂上」駅下車 1 番出口・徒歩7分
●主催:東京工芸大学芸術学部
●協力:森山大道写真財団、月曜社、マッチアンドカンパニー、株式会社テレビマンユニオン、株式会社ほぼ日

『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい 写真家 森山大道』

2021年/日本/112分/5.1ch/スタンダード/DCP/G
出演:森山大道、神林豊、町口覚ほか
監督・撮影・編集:岩間玄
音楽:三宅一徳
プロデューサー:杉田浩光、杉本友昭、飯田雅裕、行実良
制作・配給:テレビマンユニオン
配給協力・宣伝:プレイタイム
企画協力:森山大道写真財団ほか
印刷協力:東京印書館、誠晃印刷
(c)『過去はいつも新しく、未来はつねに懐かしい』フィルムパートナーズ
※(c)はマルの中に小文字のc

2021年4月30日(金)、新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開
【公式サイト】daido-documentary2020
【Twitter】@daido_doc

related

注目の写真家Ryu Ikaの作品集の刊行を記念してflotsam booksでエキシビジョンが開催

写真『1_WALL』でグランプリを獲得し、昨年個展『The Second Seeing』を開催した注目の写真家Ryu Ika。

cherry chill will.による写真展が広島でも開催 | BAD HOPとのコラボアイテムも発売

cherry chill will.がCarhartt WIP Japanのサポートの元で福岡で開催した写真展を、広島のSORTone Exclusive Spaceで3/12(金)から開催する。

cherry chill will.が2年ぶりの個展『ALL I NEED IS ONE MOMENT』を福岡で開催 | ANARCHYとBADSAIKUSHとのスペシャルコラボアイテムも登場

日本のヒップホップシーンを代表する写真家のcherry chill will.が、2年ぶりの個展『ALL I NEED IS ONE MOMENT』を福岡のSORToneで12/18(金)から開催する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。