CHAIが『おしえて北斎!-THE ANIMATION-』に主題歌"てんこりんのテーマ"を書き下ろし

ABEMAなどで3月から配信されるアニメ『おしえて北斎!-THE ANIMATION-』にCHAIが主題歌"てんこりんのテーマ"を書き下ろした。

1話10分からなる本作は、ダメダメ女子高生が、日本美術界のスーパー絵師たちのレッスンによって、不器用でつまずきながらも成長していく物語。尾形光琳、高橋由一、狩野永徳など伝説の絵師たちが次々と登場し、絵が巧くなるコツと夢を叶えるためのヒントを伝授する、「日本美術」と「人生哲学」を同時に且つゆるく楽しく学べるショートアニメーションだ。監督は、原作の著者にして生粋の日本美術マニアでもある、いわきりなおと。制作はコミックス・ウェーブ・フィルム。

CHAIが今回書き下ろした、主題歌となるオープニング曲のタイトルは"てんこりんのテーマ"。原作からインスピレーションをうけ、主人公・岡倉てんこりんのテーマ曲として作詞・作曲も手掛けた。才能って一体何?才能はなくても夢は叶うのか?という本作のテーマと、才能・やる気ゼロの主人公の「コンプレックス」をCHAI流に解釈した楽曲となっている。てんこりん役の和氣あず未と、てんこりんの夢を叶えるために現れる雷神役の小西克幸が、コーラスとして参加。見事なハーモニーで、楽曲にさらなる彩りを加えている

最初の一歩を踏み出すこと、それを続けること、そこにはたくさんの壁があって常にぶち当たるよね!やれない理由ばっかり探しちゃってさ〜。ひ〜!考えただけで足がすくむよ〜!って人にこそ、このアニメとこの曲を届けたいよ♡これを見て聴いたら、きっと失敗も笑える勇気が湧いてくるよ〜!!(CHAI)

Info

■原作:いわきりなおと 「夢をかなえる爆笑! 日本美術マンガ おしえて北斎!」(サンマーク出版)

■監督:いわきりなおと

■アニメーション制作・製作:コミックス・ウェーブ・フィルム

■出演:和氣あず未、小西克幸、若井友希

■主題歌(オープニングテーマ):

「てんこりんのテーマ」(OTEMOYAN record/Sony Music Entertainment(Japan)Inc.)

歌:CHAI、岡倉てんこりん(CV:和氣あず未)、雷神(CV:小西克幸)

作詞:ユウキ/作詞:マナ、カナ、ユナ

■コピーライト:©いわきりなおと / CWF

■HP https://www.hokusai-anime.jp /Twitter @hokusai_anime 

◎形式:1話(10分) 全10話/◎展開:動画配信サービス 

※3月8日(月)より配信となる動画配信サービスは、ABEMA、FOD、U-NEXT、バンダイチャンネル、ビデオマーケット、dTV、dアニメストア、TELASA、Huluほか(2月15日時点

related

CHAIとVaVaが初となる2マンライブをWWW & WWW Xアニバーサリー公演にて開催

類い稀な存在感で世界中のリスナーに衝撃を与え、名だたるアーティストともコラボレーションし躍進を続ける「NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド」CHAIと、飾らないキャラクターとリリックで支持を集め、自身の楽曲プロデュースのみならずアニメの劇伴やeスポーツのテーマソングを制作するなど精力的な活動を行うラッパー/プロデューサーのVaVaによる初の2マンライブがWWW & WWW Xアニバーサリー公演にて11月17日(水)に開催される。

CHAIがニューシングル"miniskirt"をリリース | ミュージックビデオもプレミア公開

ワールドワイドな活躍が止まらないCHAIが、ニューシングル"miniskirt"を本日8/27(金)にリリースした。

CHAIが3rdアルバム『WINK』をリリース | Mndsgnをフィーチャーした"IN PINK"のミュージックビデオを公開

CHAIがUSの老舗レーベルSUB POPと契約し、3rdアルバム『WINK』を本日5/21(金)にリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。