ジャマイカで手描き看板を描き続けているNurse SignsのPOP UPをstacks bookstoreが開催

Zineの出版や販売、展示の企画にマーチャンダイズの制作などを行う、stacks bookstoreがジャマイカで30年以上手描きの看板を描き続けているサインペインター Cleark “Nurse” Jamesこと、Nurse SignsのPOP UPを2/11(木)から2/14(日)まで吉祥寺のthe Apartment Greenで開催する。

Nurse SignsはこれまでにJohn LegendやApple Music、Smith Street Tattoo Parlou、Richardson MagazineにBetter™まで、様々な企業やブランドとコラボレーションを行っているアーティスト。

Nurse Signs × Topshely Shelf “Fuck Around” Hooded Sweatshirt:¥9000+tax

Nurse Signs × stacks bookstore “Signboard” Sweatshirt:¥15000+tax

今回のPOP UPでは、木製の手描き看板の数々や、Nurse Signs × stacks bookstore によるクルーネックスウェットをはじめ、Nurse Signsの盟友とも言えるPhotographerであるMatt Goiasによる Photo Zineや、Nurse SignsオリジナルのHoodieにTeeやワッペンなど、このタイミングでしか手に入らないアイテムも多数販売する。

Nurse Signsの描くサインボードは、その色使いやデザイン的な面白さも勿論大きな魅力の一つですが、それ以上に、手描きのサインボードというもの自体が、ダンスホールのパーティーから、毎週日曜の教会での礼拝、サッカーの大会やビンゴパーティーにストリップクラブまで、ジャマイカでは至るところで使われており、彼らの生活に対して密接に根付いた文化だというところにとても惹かれました。

自分はジャマイカの文化に詳しい訳でもなんでもないけど、思うように海外にも遊びに行けないこんなご時世だからこそ、ジャマイカから直送されたハンドペイントの看板や、様々なマーチャンダイズにzineなどに触れて、外の世界に思いを馳せて貰えたら嬉しいです。

Info

“Nurse Signs” Pop Up Store at the Apartment Green
presented by stacks bookstore
Feb. 11(Thu)〜14(Sun)
13:00〜20:00

the Apartment Green
東京都武蔵野市吉祥寺東町 1-10-20

Info : maruro1024@gmail.com

related

stacksが読書家集団「Riverside Reading Club」とのコラボレーションフーディーをリリース

ストリートカルチャーにルーツを持つ、国内外の様々なジャンルのアーティストの作品をコンパイルしたzineの発表や展示などを行うstacksが、読書家集団「Riverside Reading Club」とのコラボレーションフーディーを発売する。

ストリートカルチャーにルーツを持つアーティストが登場するzine『stacks』の最新号を記念した展示がOIL by 美術手帖ギャラリーで開催

ストリートカルチャーにルーツを持つ、国内外の様々なジャンルのアーティストの作品をコンパイルしたzine『stacks』の最新号「stacks issue 3」の出版を記念した展示を渋谷PARCOのOIL by 美術手帖ギャラリーで、9/24(木)から開催する。

Toya HoriuchiデザインのハンドモチーフがアイコニックなTシャツがstacksから登場

これまでBlackEyePatchからVol.1、2がリリースされてきた、世界各国のアーティストをフィーチャーしたZINEシリーズ『stacks』。今回stacksが運営するオンラインストアにて、Toya HoriuchiデザインのTシャツが登場した。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。