MIYACHIがMatt Cabをプロデューサーに迎えたEP『GOOD NIGHT TOKYO』をリリース | 青山テルマをフィーチャーした"CRAZY OUTSIDE"のミュージックビデオも公開

MIYACHIが現在TikTokなどでも話題となっている"Famima Rap"でも抜群の相性を見せたMatt Cabをプロデューサーに迎えたEP『GOOD NIGHT TOKYO』を、本日1/28(木)にリリースした。

EPにはP-Loを迎え昨年リリースした"GOOD NIGHT ROPPONGI"や、アンパンマンのおもちゃをサンプリングしYouTubeで公開した"アンパンマンソング"、同じくファミリーマートの入店音をサンプリングした"Famima Rap"などが収録されており、客演にYOSHI、P-Lo、青山テルマ、sheidAを迎えている。

青山テルマを迎えた"CRAZY OUTSIDE"のミュージックビデオも公開。Nasty Men$ahによるビデオは現代の混沌とした世界の中でこそ響くストレートなメッセージを、MIYACHIらしいコミカルな映像に落とし込んだフロアライクなラブソングとなっている。

またMIYACHIは自身のインスタグラムでもEPのリリースにあたり、現在までの境遇や自身の立ち位置を踏まえてメッセージを発表している。

2017年に東京に着いた時、自分は外国人としてそこにいました。子供の頃から何年も日本には行っていなかったし、誰一人も知らなかった。その頃、地元のNYではまだバイトもしていたし、音楽を本格的に始めてから初めてファンベースが日本に出来始めていると聞いて、日本に行ってみるのが本当に楽しみだった。その時から、東京は僕の人生を変えました。ファンの皆さんが受け入れてくれて、今まで経験した事のないようなサポートとloveのおかげで、東京が今では第2のホームになったし、今までずっと自分はみんなと少し違うとされてきた、ハーフ外国人にとっては、日本で受け入れられたという事はとても重要な事でした。それから東京で、努力を重ねて、沢山サイコーな人たちにも会えて、日本中を旅行出来たり、失敗や fucked upな事もしたり沢山いい経験が出来ました。これからもそんな経験がもっと出来るように頑張ります。僕は死ぬまで心はNYにあるけど東京でのこの経験もずっと忘れません!

Info

『GOOD NIGHT TOKYO』 EP配信リンク:

https://linkco.re/NUBcYSVu

トラックリスト:

1. TARINAI (待つわRemix)

2. ALL I SEE

3. HITORIBOCHI (feat. YOSHI)

4. GOOD NIGHT ROPPONGI (feat. P-Lo)

5. CRAZY OUTSIDE (with 青山テルマ)

6. FLY 4 U (feat. sheidA)

related

Maison Kitsunéによる配信イベントにMIYACHIとYoung Cocoなどが出演

Maison Kitsunéによる音楽イベント『Kitsuné Afterwork』が、配信形式で復活する。

MIYACHIがキャリア初となるワンマンライブをTSUTAYA O-EASTで開催

MIYACHIは様々な楽曲への客演参加やTikTokなどのSNSでも話題を集めた"Famima Rap"、盟友Matt Cabを全面プロデュースに迎えた最新EP『GOOD NIGHT TOKYO』など精力的な活動を続けるMIYACHI。その勢いのままにキャリア初となるワンマンライブを渋谷 TSUTAYA O-EASTで7/25(日)に開催する。

¥ellow BucksのデビューアルバムからMIYACHI、Shurkn Papをフィーチャーした"Balls Out"のミュージックビデオがプレミア公開

¥ellow Bucksの今年の話題作『Jungle』から、MIYACHIとShrunk Papを迎えた"Balls Out"のミュージックビデオが、明後日12/30(水)にYouTubeでプレミア公開される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。