シンガーソングライターのbutajiが新作EP『acception』をリリース | リリース記念イベントも開催

シンガーソングライターのbutajiが新曲2曲を収録したEP『acception』を、本日1/27(水)にリリースした。

昨年は折坂悠太とのコラボ曲"トーチ"や韓国のシンガーソングライターのイ・ランと共同で日韓を繋いだライブ配信、サニーデイ・サービスのリミックスアルバム『もっといいね!』への参加など、精力的に活動を行っていたbutaji。

その後もbandcampでの楽曲発表を行うなどしていたが、今回晴れて高い評価を得ていた"acception"と"rhythm in motion"の2曲をマスタリングし直し、ストリーミング解禁となった。

アートワークはイラストレーターの新地健郎が手がけており、リリースに合わせて映画監督 五十嵐耕平による"acception"のリリックビデオも公開となった。

今回のEPリリースを記念して、1/30(土)にYouTubeにて配信ライブを行うことも決定。以前から多くライブを行なってきた会場、浦和の居酒屋ちどりから配信を行う。配信ライブ開催にあたり、投げ銭でのサポートも受け付けている。

知られずに覚悟を決めて、誰かを愛するために戦い続ける人へこの曲を送ります。(butaji)

Info

アーティスト:butaji
タイトル:acception
リリース:2021年1月27日

  1. acception
  2. rhythm in motion

配信各社URL:
https://friendship.lnk.to/acception

"acception"release live
2021年1月30日 17:00〜
無観客配信ライブ at 浦和・居酒屋ちどり

配信視聴ページ
https://www.youtube.com/channel/UCgNHcCsd5wJV8tOFIJ1sK4Q

配信ライブ開催にあたって投げ銭のお願いをしております。
投げ銭いただける方は、下記よりお願いいたします
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01gsw711fs55r.html

related

【特集】FNMNLが2021年に注目するアーティスト7組

昨年起こった新型コロナウイルスによるパンデミックの影響はライブシーンはもちろん、アーティストの活動にも大きく響いたのは間違いない。

butajiとイ・ランが日韓を繋ぐライヴ配信を開催

シンガーソングライターのbutajiと韓国のシンガーソングライターのイ・ランが、3/25(水)に韓国と日本の回線を繋いだライヴ配信『2020年友達のビデオ通信』を行う。

butajiが自身初となるCDシングル『中央線』のリリースを発表

昨年リリースしたアルバム『告白』が各所で話題を呼んだbutajiが、12/18(水)に自身初となる2曲入りシングル『中央線』を発売することが決定した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。