音楽プロデューサー松尾潔が初の小説『永遠の仮眠』を発表 | 音楽業界の内実を描き表紙には岩田剛典が登場

新潮社

音楽プロデューサー、作詞家、作曲家として多くのアーティストに関わってきた松尾潔が、初小説となる『永遠の仮眠』を2/17(水)に発売する。

『永遠の仮眠』は音楽プロデューサーとシンガーの邂逅を通じ、音楽業界の内実を克明に描いた作品。表紙カバーには松尾潔がデビューをプロデュースした三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典が登場している。

2010年に三代目 J Soul Brothersのパフォーマーとしてデビューした岩田だが、グループのメンバーを決めるオーディションで審査員を務めたのが松尾だった。デビュー当時、まだ大学生だっ た岩田との交流は、松尾に強い印象を与えたという。

表紙カバー撮影風景

本書のストーリーでも主人公の悟は新人発掘オーディションの審査員をし、デビューさせたシンガー・義人のプロデュースを行う。作中の人間関係と2人の関係性には共通項がある。

デビュー前からお互いを知る深い関係性と、作品との共通項から表紙カバーで「登場人物の憂いや不安を演じて欲しい」と切望し、 真っ先に松尾の頭に浮かんだのが岩田だったという。

主人公である音楽プロデューサーとシンガーがスタジオで交わす会話は、本当にリアル。派手ではない、地味な会話の積み重ねで、信頼関係は培うから。自叙伝のような感覚で読みました」――岩田剛典

「松尾さんが小説を書かれると聞いて胸が躍りました。三代目 J SOUL BROTHERS のデビュー曲「Best Friend’s Girl」は松尾さんプロデュース。松尾さんが手掛ける歌詞は技術的な部分は勿論、時にはストレートな言葉を使い、物語をしっかり心に届けてくれます。今回の小説では松尾さんが生きてきた証を感じました。物語の登場人物の運命がどうなっていくのか是非楽しんで下さい。多くの方に「永遠の仮眠」が届くことを願っています。」――今市隆二

「松尾さんがこの度、初めて小説を発表されるという事で、非常に楽しみにしていました。 僕らのプロデュースして頂いた楽曲の歌詞なども改めて読み返し、さらに松尾さんの描く世界観や思いなど、今作を通して強く感じる事が出来ました。」――登坂広臣

「デビューをきっかけに知り合ったダンス好きの大学生が、10年後には誰もが知る俳優として私のデビュー小説の表紙カバーに登場する。この事実こそ物語の名に値するのかもしれない」――松尾潔

Info

永遠の仮眠
著者名 松尾 潔
判型 四六判(288ページ) 価格 1,700円(税別)
発売日 2021年2月17日 ISBN 978-410-353841-7

https://www.shinchosha.co.jp/book/353841/

related

環ROYが翻訳した「多様性」をテーマにした絵本『ほら ぴったり」が発売

昨年はビートを全て自身で手掛けたアルバム『Anyways』を発表し新境地を切り拓いた環ROYが、またしても新たなチャレンジを行なった。環が行なったのは絵本『ほら ぴったり』の翻訳だ。

トリプルファイヤーの吉田靖直が初の書籍 『持ってこなかった男』 を発表

トリプルファイヤーのボーカル吉田靖直が初の書籍『持ってこなかった男』を、2月に発表する。

福音をもたらす力の源としてヒップホップを描く書籍『ヒップホップ・アナムネーシス――ラップ・ミュージックの救済』が刊行決定

キリスト教会の限界を乗り越える、救済の音楽文化としてヒップホップを論じた山下壮起による書籍『ヒップホップ・レザレクション』。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。