福岡の注目ラッパーKAISHIがフリースタイルで作りあげた1stアルバム『ALL 15 WELL 』をリリース

福岡の注目ラッパーKAISHIによる1stアルバム『ALL 15 WELL 』がリリースされた。

心の内面から生み出される生々しいリリック、エモーショナルな歌唱スタイルなどで注目を集めるKAISHI。本アルバムは、去年5月に公開され話題を呼んだ『地球と母と僕』を筆頭に彼の心の叫びを詰め込んだ全10曲が収録されている。

3歳の頃に実の父と母が離婚、10代の頃に彼自身の起こした問題により2度も少年院へ行くなど、壮絶な生い立ちと彼の抱える心の痛みがこのアルバムのメインテーマ。過去の過ちや心の闇を乗り越え「全て上手く行く」という意味がタイトルの『ALL 15 WELL』には込められている。ほとんどの楽曲が歌詞を書かずフリースタイルによって作られた。ブースに入りその場で想いを吐き出す制作方法が、この作品の生々しいメッセージを際立たせる。

プロデュースにはTigaone、NARISK、Garardparman、Marchin、客演には北九州の人気ラップユニットJUNCTION THREE、そしてそのメンバーでもあるRikkiSwanが参加している。

Info

KAISHI - 『ALL 15 WELL』

1. Intro

prod. Marchin

2. Yoreru Boy

prod. Garardparman

3. 地球と母と僕

prod. Marchin

4. Rainy Blue feat. JUNCTION THREE

prod. Garardparman

5. 何で

prod. Tigaone

6. Bitches feat. RikkiSwan

prod. NARISK

7. One Time

prod. Tigaone

8. Mama

prod. NARISK

9. 人間の愛とは

prod. Marchin

10. If I Die

prod. NARISK

related

PEAVISが2ndアルバム『PORTRA¥AL』を今月リリース|先行シングル“Keep Winning feat. KAISHI”をリリース

福岡を拠点に活動しているラッパーのPEAVISが、前作から約1年ぶりとなる2nd アルバム『PORTRA¥AL』を1月20日(水)にリリースすると発表。また本日、シングル“Keep Winning feat. KAISHI”を先行リリースし、MVも公開となった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。