PEAVISが2ndアルバム『PORTRA¥AL』を今月リリース|先行シングル“Keep Winning feat. KAISHI”をリリース

福岡を拠点に活動しているラッパーのPEAVISが、前作から約1年ぶりとなる2nd アルバム『PORTRA¥AL』を1月20日(水)にリリースすると発表。また本日、シングル“Keep Winning feat. KAISHI”を先行リリースし、MVも公開となった。

客演には福岡のアーティストKAISHIを迎え、どんな困難の中でも、自分自身に負けないようにというメッセージが込められている。

プロデュースには、韓国ヒップホップシーンより数々のプロデュースワークをこなす新鋭プロデューサーPanda Gommが参加。そして、1月20日(水)にリリースされる2ndアルバム『PORTRA¥AL』のアートワーク及びトラックリストも公開となっている。先行配信され話題となった“Carrying You feat. YonYon”をはじめ、客演には鎮座DOPENESS、week dudusらが参加。

tofubeats、Shin Sakiuraといったヒップホップの枠を超えたプロデューサー陣を迎え、アーティストとして成長したPEAVISのマルチな音楽性が詰まった作品となっているとのこと。

Info

先行シングル「Keep Winning feat. KAISHI」

配信日:2021年1月6日(水)

レーベル名: Peace Tree

URL: https://nex-tone.link/94415

2ndアルバム「PORTRA¥AL」

配信日:2021年1月20日(水)

レーベル名: Peace Tree

Distributed by NexTone Inc.

PEAVIS 2nd Album「PORTRA¥AL」トラックリスト

1. Carrying You feat. YonYon / prod. NARISK

2. Show is Over feat. week dudus / prod. Laptopboyboy (韓国)

3. Be Changed / prod. NARISK

4. To The World / prod. Tigaone

5. Keep Winning feat. KAISHI / prod. Panda Gomm (韓国)

6. Kizu / prod. NARISK

7. Jewelry Box feat. T-K TONY / prod. Yusuke Ito (MurderFaktry)

8. マゴコロ feat. 鎮座DOPENESS / prod. DJ Kenbeat

9. ガラスの地球 / prod. Shin Sakiura

10. Carrying You (tofubeats remix) feat. YonYon / prod. tofubeats

related

PEAVISがRin音とのコラボシングル “Last Dance feat. Rin音”をリリース

福岡のラッパーPEAVISがRin音との待望のコラボ楽曲“Last Dance feat. Rin音 ”を本日リリースした。

PEAVISが新曲“Far Away feat. KAISHI”をリリース|大平彩華が書き下ろしたヴィジュアライザーも公開

今年1月にリリースされた2ndアルバム『PORTRA¥AL』も記憶に新しい福岡のラッパーPEAVISが、新曲“Far Away feat. KAISHI”をリリースした。

PEAVISのアルバム『PORTRA¥AL』からweek dudusを客演に迎えた"Show is Over"のミュージックビデオを公開

福岡を拠点に活動するラッパーのPEAVISによる最新アルバム『PORTRA¥AL』から、week dudusをフィーチャーした"Show is Over"のミュージックビデオが公開された。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。