BeatsとVERDYによるWasted Youthのコラボレーションヘッドフォン | ムービーにはTravis Barkerが登場

Beats by Dr. DreはVERDYによるプロジェクトWasted Youthとのコラボレーションでヘッドフォン「Solo Pro」のスペシャルバージョンを12/19(土)に発売する。

Wasted Youthのアートワークとデザインが採用されたこのアイテムは、ヘッドバンドおよびイヤーカップ全体にトーナルグレイのWasted Youthのロゴがデザインされ、両方のサイドアームにブランドのイニシャルとおなじみのメッセージ「Don’t bother me anymore」が入っている。

デザインはVERDYに影響を与え続けたパンクとスケートボードからインスピレーションを得ており、両者のコラボが実現したのも音楽には若者をインスパイアしてその個性を自覚させる力があることを両者の共通認識として持っていたからだという。

発売に合わせ写真家/映像作家のDexter Navyが手掛けたムービーも公開。子どもが Soloヘッドフォンを装着したとたんにTravis Barkerに変身するという内容だ。

VERDYは「音楽はいつでも自分にインスピレーションを与えてくれる存在です。パンクミュージックを聴いて育ち、Travis Barkerは大好きなドラマーの一人でした。そんな彼やBeatsと関わることが出来たこのプロジェクトは、新たな出発点となる節目になると思います。」とコメントした。

またBeatsとWasted Youthはカプセルコレクションを抽選販売。Solo Proと共同Tシャツのセットで、価格は35,000円(税別)。抽選応募は、12/19(土)12時から14時までVERDY'S GIFT SHOPにて受け付け、12/21(月)に当選発表される。あ合わせてVERDYが高校生の時に作成した思い出のプレイリスト「VERDY Sounds」をApple Musicにて公開した。

Info

「Solo Pro スペシャルエディション」

価格:35,000 円(税別)

販売方法:抽選販売

抽選応募期間:2020年12月19日 (土)12時―14時

当選発表:2020 年12月21日(月)

販売店:VERDY’S GIFT SHOP(https://vgiftshop.base.shop/)

アップルストアコールセンター

電話:0120-993-993

related

スケーターのKento YoshiokaがプロデュースするKNTHWとVERDYのジョイントワーク最新作としてスペシャルムービーが公開

スケーターのKento YoshiokaがプロデュースするスケートハードウェアブランドKNTHWとVERDYのジョイントワーク第三弾として新作ムービーが公開された。

BlackEyePatchとWasted Youthのコラボアイテムが伊勢丹 新宿店にオープンする「VERDY’S GIFT SHOP」で発売

BlackEyePatchとVERDYによるコラボレーション第二弾が伊勢丹 新宿店に新たにオープンする「VERDY’S GIFT SHOP」で1/23(土)に発売されることになった。

Beats by Dr. Dreが大坂なおみ選手を起用したキャンペーンムービー「FLEX THAT」を公開

Beats by Dr. Dreが発売したばかりのBeats Flexワイヤレスイヤフォンのキャンペーンムービー「FLEX THAT」を公開、テニスの大坂なおみ選手が出演している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。